プロフィール

Nobuko Ramirez

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80年代。大好きだったポップアーテイストとバンド そして今!
私が音楽と映画にどっぷりつかりだしたのは高校時代。

高校時代LPを買ったりしたのは、クイーン(フレディー程のボーカルはもうでないと思っています)、ポリス、ABC、デュラン デュラン、カルチャークラブ、ザ ジャム(ポール ウェラーとか知っていますか?)など。その次あたりがデッド オア アライブとかカジャグーグーとかチープトリックなんかでした。

アメリカ系ではホールアンドオーツ、フィル コリンズ、ビリー ジョエルなど。
あとは、ジャーニー、TOTO、スターシップとかメンアト ワークとかも好きでした。


マドンナとシンディーローパーなんかもはやりましたよね。

もちろんマイケル ジャクソンのスリラーのアルバムも。

でもカラオケはやっぱりホイットニー ヒューストンなんか歌っていました。

王子様みたいな男の子と別れたときに観た"ボデイー ガード"と持っていたサウンドトラックのアルバムは擦り切れるほど聞きました。

今だったらアデルの"21"かな。以前、ブログでも紹介しましたが、このアルバムもお勧めです。

そんな私ですが、
高校入学前は、なんと小田和正の大ファンでオフコースのレコード専門でコンサートも行ったりしてました。
理想の男性は小田さんでしたね。

さだまさしとオフコースのアルバムはほとんど全部持っていたんじゃないかしら。

ユーミンは中学時代から時のないホテルというアルバムまではレコードとテープで全部持っていたと思います。

その後はちょっと感覚がずれたみたいな感じで遠のきましたね。

今でもお掃除しながらふっと口ずさむのは"卒業写真"、"冷たい雨"、"ルージュの伝言"、"中央フリーウェイ”など。

やっぱり英語の歌詞は見て歌わないと定かでないところが多いので鼻歌にはなりませんね。

今は娘経由で知ったバンド、Panick at the disco のニューアルバムが好きです。

入っている曲が全部気に入ったアルバムは本当に珍しいのですが、全部お勧めの作品です。

もちろんボーカルのブランドン ユーリーは超かわいく、娘とは恋敵になりそうです。



ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになりうれしいです!






にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
人気ブログランキングへ


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

Adele, アデルにはまっています。
何かのきっかけで一つの曲が一日中頭の中で鳴ったりすることってありますよね。

ここ二、三日私の頭の中ではアデルの "Rolling in the deep"がかかっています。

彼女はイギリスのシンガーソングライターでアルバムとシングルが同時にイギリスのミュージックチャートでトップになったというビートルズと同じ記録を持った実力派です。

高校はパフォーマンス計の学校で同級生にはリオナ ルイスもいたとか。

前から彼女の曲はラジオで流れるので知ってはいたのですが、今回のこの曲はまさに聞く人の心をつかむ!と言うような曲だと思うのです。。少なくとも私のはです。


ちょっとハスキーな彼女の声は彼女の書く心をえぐるような曲にピッタリです。

日本で彼女の知名度がどのくらいあるのかは知りませんがぜひ聞いてください。





どこの国でもそうですが、女性シンガーの場合セクシーでないと売れないミュージックの世界で音楽の才能と歌唱力だけで毎回ヒットを飛ばしている彼女はすごいと思います。

ビアンセ、レイディーガガ、ブリットニースピア、ケイティー ペリーなど、チャートでトップになるシンガーはほとんどライブでもミュージックビデオでもほとんど裸みたいな格好で出てくる人がほとんどで、観るのもゲンナリの私ですがアデルはライブでもミュージックビデオでもインスピレーションのわくセティングや、彼女の素顔を映したようなものが多く私ごのみです。

もう一つ。これは少し古い曲ですが、私が始めて好きになったアデルの曲です。
ビデオが本当に普通の女性の日常と言った感じだと思うんですが。
心に響く曲です。





にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

主人公 さだまさし、ユーチューブでストレス解消  
時には思いで行きのガイドブックに任せあのころという名の駅で降りて昔どおりを歩く。。。

さだまさしの主人公の最初のフレーズです。
年のせいでしょうか歌詞の一言一言が身にしみますね。
自分の歩いてきた道を振り返るとあの時こうしていたら。。。というのはいつでも付き物で、まあ、違う選択をしていたらもっと幸せになれたかというのは疑問で、もっと苦労してたかもなんてこともあるわけですから。

特に私の場合はアメリカに来て外人と結婚していますから、いつも思うのは日本に帰っていたらどうなっていただろうとかヨーロッパで結婚してたらどうなっていたかとか。
結局場所だけが違って似たり寄ったりの生活をしていたんじゃないかと思うんですが。

振り返れば全く無茶をしてきたもんだと言うのが私の実感です。
私は両親がいなかったので大正生まれの祖母にとても厳しく育てられましたが、ティーンエイジになるころにはすべてのしがらみが窮屈で窮屈で兎に角一人で生きて生きたいというのが願いでした。高校時代から貯金を初め、
18のころからアパートを借りて一人暮らし。朝は喫茶店で働きそれからデパートで働く毎日。
職も何度か変わりましたがいつも職場でかわいがってくれる方々に恵まれました。
大変でしたがそれなりに楽しかったのは若かったからですね。
自分のことで精一杯でした。
今、自分の息子が16才になったのを見ていると何をするにも危なげで自分ながら若いころはがんばったなと思います。その後も好き勝手に生きてきたんですよね、今思えば。

主人公と言うこの曲は確か私が中学時代頃に出た曲だと思うんですが、その頃は歌いながらいい曲だとは思いましたがこの曲の本当の意味は解っていませんでしたね。

時をさかのぼるチケットがあればほしくなるときがある。。

なんていうのはこの年になって、ふと思う事でこの曲を口ずさんでいた頃には今の状態なんて夢にも思っていませんでしたから。

思えば中学時代はどっぷりとさだまさしに使っていましたが高校になるとニューロマンティックのブリティッシュロックに好みが変わりデュランデュランやカルチャークラブのコンサートに行く日々でした。(古いですよね)
それからさだまさしさんの曲はコマーシャルで聴くくらい。(オフコースの小田さんはずっと聴いていましたが)
でも最近ユーチューブでさだまさしの曲を聴くと涙が出るほどいいナーと思うんです。

主人公、つゆのあとさき、ダイアリー、天までとどけなどきれいなメロディーの曲も好きですが吸殻の風景や検察側の承認などもいいですね。第三病棟や童話作家などの曲では普通の人の人生をとても素敵に歌っています。
特に案山子。もうすぐ大学に行く息子を持っているのでこの曲は私の曲。涙なしには聴けません。

さださんの曲を聴くと日本語って本当に美しいと思いますし、日本語がわかってよかったと思います。
うちの子供たちは日本語を話しますが、さださんの曲を聴いて涙が出るほどいいなんて思えないんだろうと思うとほんとうに残念。ユーチューブで色々と曲を聴いていると2,3時間はあっという間。驚くのはほとんどの曲をフルコーラスで歌えると言う事。若い頃に覚えた歌って忘れないんですよね。涙しながら歌ってストレス解消、、といったところでしょうか。コメント読むのもとってもいいですよ。同世代の方たちがんばってるなーなんて励みになります。

小さな物語でも自分の人生の中では誰もがみな主人公。

クリックお願いします!















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。