プロフィール

Nobuko Ramirez

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超人的 ! 忙しいアメリカの高校生
日本の大学受験。
入学試験に向かって家族で頑張っている方々のブログなど読ませていただくとスゴイなーと思います。


学歴社会なのは日本よりアメリカの方がすざましいものがあると思います。
大学に行けるチャンスが日本に比べて沢山あるということ。
学力がたいしてなくても、働きながらでもコミュニテイーカレッジから始められますしコミュニティーカレッジは学費も格安。
4年生大学でも自分のレベルにあった大学にに入れば学費はなんとかなるからです。

アメリカでは受験はありませんがSAT,ACTといった統一テストがありその結果と過去の成績、受験者の高校在学中に参加したスポーツやアクテイビテイーの内容などで入学が決まります。
日本でも部活で頑張って学生生活を送った子達には推薦で希望校にはいれたりするのと同じで有名大学に入学希望となるとこちらでもいかに高校時代を過ごしたかがとても大切になってきます。

高校在学中に非営利団体を作ってホームレスを救済しているとかフードバンクに食料を集めて寄付しているとか
小説や論文を書いて出版されたとかなんていうのも結構よくある話です。
息子の学校でも科学系の推理小説を有名出版社から出版した子が記念のサイン会を学校でしていました。
医学系志望の学生が病院や研究機関でボランティアしながら論文を書き医学雑誌に出版されエール大学とスタンフォードでその学生の取り合いになったとかいうのは息子の所属するアソシエーション出身の学生です。

そこまでスーパーでなくても真面目に4大に行きたい子なら図書館やシニアセンターでボランティアをしたり市民プールなどでライフガードをしたり、企業などでインターンシップをしたりして大学入学申請書に書ける項目を増やしていきます。スピーチ&ディベート(こんなのは日本にはありませんよね。)やコンピューターなどのクラブから大会などに出てがんばる子もいます。

スポーツやアート関係などで賞をもらったとか華々しい経歴ができる子はほんの少しなので(ウチの息子もそんな賞とは無縁です。)、地道な努力が買われるんですよね。どこの大学入学説明会に行っても”いかにして高校時代に社会に貢献していたかがとても大切です。”と言われます。

将来ビシネスメジャーのウチのこの場合、

スピーチ&ディベート(スピーチ、論議の仕方を練習するクラブとでもいいましょうか。。。
デンザール ワシントンの ”GREAT DEBATE”というとってもいい映画がありますが)

Future Business Leadership(これは高校生にビシネスの勉強をする機械を与える全国規模の団体で各高校にクラブがあります。地方、ステート、全国大会ではビジネスに関する数学、コンピューター、企業に関する知識などの部門でコンペティションがあります。)

Youth Leadership of America(オレンジカウンティー、アナハイムを基盤に高校生にビシネスに関する知識を提供し、サクセスフルな将来をサポートするために作られた機関。息子の学校の卒業生が集まり作った団体です。彼らの中には大学在学中に起業後2億ドル以上の収益をあげてビジネスニュースに取り上げられたりした方も。スポンサーはディズニー、ヒルトンなどのコーポレーションとアナハイム市です。)

Association of business leadership(高校生対象のサマープログラムを南カリフォルニアで提供している機関。4-8週にわたって起業するためのビジネスモデルのプランの書き方、大学入学に関する知識、リーダーになるための教育などを提供。UCLAや南カリフォルニア大学などのメジャー大学でプログラムが行われ、1万ドル位の学費がほとんど免除になるのも魅力。非営利団体なのでメリルリンチ、エディソンなどの各企業からファンドを得ているためです。うちの息子は二年前プログラム終了後、昨年はここでインターンをしました。)

Dale Carnegie Association(ビシネスリーダーシップ、セールススキルなどのアメリカでも最も有名なトレーニング機関。アメリカの企業がマネージャーなどの養成、トレーニングのためにプログラムを利用。高校生のためのユース部門があります。うちの息子はユースプログラム終了後、主任インストラクターをサポートするユースインストラクターをしています。)

ざっとこんなものでしょうか。

週に2.3日はミーテイングやクラスがありますし、週末もコンペテイションやコンベンションでつぶれます。
おまけに夏休や冬休みもインターンシップやインストラクターをするのに8時から5時なんていうスケジュールで行動。大概高速使用で30分から1時間かかって送り迎え。私の車は1年3ヶ月しか乗っていませんが22200マイルも使用しています。

この記事を書いている今日もYLAの来年のボードメンバーになるための面接がアナハイムヒルトンでありました。二週間後にはYLAプログラム終了の卒業パーティーがあります。
YLAのプログラムの後はタイガーウッズセンターでの起業とビジネスモデルに関するクラスを3ヶ月ほどとる予定が入っています。

毎日忙しくしていますが本人はそれでも足りないと思っている様子。

今から今年の夏休のインターンシップはカリフォルニア大学フラトン校で開かれるビジネスリーダーシッププログラムの
カウンセラーをするための申し込みをしたりと家族の予定は全くお構いなしです。

また夏中送り迎えの毎日。。。。。。私も娘もげんなりです。


>励みになりますのでクリックしてくださるととってもうれしいです。ありがとうございました!!!














スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

コメント
アメリカの高校生、、すごいな。
うちの子はまだまだ小学生なので、、高校生の事情は、あまり知らなかったのですが。。
アメリカの高校生、、がんばってますね。。日本だと、入学するのは簡単で、入ってからは、、ふ~~む、、みたいなのがずいぶん昔から定説になっているけど。。。
そうやって、高校生のときから、いろいろなことに参加して、いろいろなことにチャレンジすることで、社会をみつめたり、新しいことを発見したり、、、少なくとも、大人になったらいったい何になるんだと全く検討もつかない日本の大学生よりもずっと自立できるんでしょうね。。すごいな。。Kei
[2011/01/10 23:44] URL | Kei #- [ 編集 ]


Keiさん
アメリカの方が社会でのランクわけみたいなのがはっきりしているからでしょうか、”将来成功したいからがんばるぞ”みたいな学生が私の周りにはたくさんいます。
そんな学生への学費や経済的サポート、社会での受け入れ態勢が出来ているアメリカだからこそ出来ることですね。アメリカンドリームへの枠に入るためがんばっている高校生を見ると私も応援したい気持ちでいっぱいになります。
[2011/01/11 08:27] URL | nobuko #- [ 編集 ]

こんにちわ
アメリカの高校生すごいですねー
日本では大学に入るための勉強しかしません。そして大学に入るとそんなに勉強しなくても卒業できます。なのでどれだけいい大学に入るかで決まります。息子も慶応を卒業して大手企業に入りましたが精神的に参っているみたいです。大手なので総合職はもう年中試験です。私に言わせるといい大学に入るために生きてきたみたい!仕事をする体質みたいな事が全く分かってなくて!日本ってホントに変な国だと思います。平和な人ばかりです。何だかちょっと考えさせられました。
[2011/01/13 00:41] URL | ククのいくこ #- [ 編集 ]


ククのいくこさん
こちらでは就職してからの教育はほとんどなく、その前にインターンシップなどで現場の知識などを身につけている必要があります。大学在学中のインターンシップのプログラムが充実しているんですね。勉強も、ここまで絞るか。。。というくらいしないと卒業できません。慶応を卒業して大企業に入社。。。息子さんとお母さんの長い間の努力がわかります。大企業の中で生き残るってとっても大変ですよね。
特に男性は。。一生戦いというか。。。
アメリカでも企業のエリートコースに入ると私生活がなくなり、かなり大変みたいです。
息子さんの成功をお祈りしています。
[2011/01/13 09:34] URL | nobuko #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komochirealtor.blog70.fc2.com/tb.php/73-671a6404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。