プロフィール

Nobuko Ramirez

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Fighter.ザ ファイター、ウォールバーグとべイルの演技に脱帽
the fighter

トレーラ-はこちらから

ザ ファイター


ザ ファイターのポスターを見たときから
これは絶対観るぞーと思っていました。

主演と制作にマーク ウォールバーグとクリスチャン べイルがでるとなれ場絶対失敗はしないなというのが初印象。
マーク ウォールバーグは私の男優リストの中ではトップクラス。 この人ほど、ごく普通のどこにでもいる男が奮起一転してがんばる役が似合う俳優はいないと思います。外見も美形ではないですが白人で親しみのもてる顔。インビンシブル(邦題がわかりません)でもバーテンをやりながらアメフトのプロになる夢が捨てられずトライアウトの末NFLで活躍する主人公を演じていましたが(これも実話でした)そんな役がピッタリです。
パーフェクトストーム、ザ シューター、ミニミニ大作戦、ザ デイパーテッドなどお勧め作品ばかりに出演。
最近ではコメディーの”デイトナイト”や”アザーガイズ’でも活躍。

クリスチャン ベイルはこの人ほど役にはまる人も最近はあまりいないんじゃないかと思えるほど役によって変貌する俳優です。バットマンシリーズが彼を配役した時、どんなバットマンが。。。と思っていたのですが過去二作のバットマンは大ヒット。
スーパーヒーローでありながらビジネスマン、インテリジェントで品のいい役を好演しています。ザ ファイターではまたまた驚くほどの変貌を遂げています。実在の人物を演じるという事で彼の話し方、風貌など全くのコピーと言っていいくらいでした。



この辺であらすじを。

この映画はジュニアウォルター級チャンピョン,ミッキーワードの半生を描いた実話です。
ボクシングで成功したいミッキー(マーク ウォールバーグ)には80年代シュガーレイレナードと戦ったことが自慢の異父兄ディッキー、マネージャーをしている母、7人もの姉妹たちがいます。
自分のボクサーとしての将来を考えたいミッキーですがトレーナーのはずのディッキーはドラッグ中毒、家族はミッキーの事を収入源としてあてにしています。30歳を過ぎて限界を感じているとき兄のディッキーが逮捕されそれを機会にガールフレンドとニューマネージメントの元でボクサーとしてのメインストリームに食い込んで行くミッキー。入獄中、ディッキーは自分の行動を悔い、人生のやり直しをはかります。デイッキーとは別の人生をと思っているミッキーでしたがラスベガスのビッグファイトでディッキーのアドバイスにより勝利を得た事でもう一度兄弟でやっていこうと決心します。その後力を合わせ、タイトルを勝ち取っていく二人。

家族、兄弟、友人、恋人といった人間関係のしがらみが、いやというほど書かれている作品です。

私も両親がなく私自身がどうしてもコントロールができないしがらみの中で育ったため主人公のおかれた立場がよく解ります。
”人のふり見て我がふり直せ”といいますが、親である私は精一杯のサポートはするけれど子供には子供の人生を
思う存分楽しんでもらいたいと思いました。

映画の最後、クレジットがでる前に現在のミッキーとディッキーのクリップが写りますが顔はともかく、
マーク ウォールバーグとクリスチャン ベイル の話し方がこの二人そのもの。
ハリウッド俳優のすごさを感じる作品です。
特に、クリスチャン ベイルは今回も役作りのためすごい減量。ドラッグ中毒と言う事でぼろぼろの歯、髪も抜け落ち。。。みたいな外見でメイクさんのハリウッドマジックに驚きます。

ちなみに、この役、ブラッド ピット、マット デイモンの名前があったらしいのですが
クリスチャン ベイル に落ち着いたそうです。
ブラッドもマットもここまではできなかったんじゃないかと思います。彼らのイメージにも合いませんしね。

これでまたベイルは次回のバットマンではハンサムに若返って出てくるんでしょうね。。。すごい。


励みになりますのでクリックしてくださるととってもうれしいです。ありがとうございました!!!










スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

コメント

遅くなりましたが
明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします (*^ー゚)b

昔のボクシング好きとしては
レナードの名前が出てくるだけで
ゾクゾクします  (*^▽^*)

リンクの件
とってもうれしいです
コチラこそヨロシクです( ^ω^)

[2011/01/04 20:20] URL | 加夢 #- [ 編集 ]


この映画、みたいです。。日本だと、アメリカの半年遅れぐらいでやってくるようなので、、まだまだですかね。。ほんとは、ブラピ、マッドデイモンの可能性もあったんですか。。
個人的には、ブラピのファンなので、(かなりミーハー)ブラピでもいいのですが。。笑。
おっと、、、あらすじは、、あんまり見ないようにしておきます。。あとでのお楽しみということで。。。笑 Kei
[2011/01/04 22:34] URL | Kei #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
Keiさん
日本公開の際はぜひ観にいってくださいね。
ブラピは美形なのに演技派なので”トロイ”以来私もファンです。
”トロイ”のときはため息が出るくらいいい男でしたよね。v-398
[2011/01/04 22:48] URL | nobuko #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
加夢さん
私は実際のボクシングのことはよく解らないんですが、ロッキー以来、ボクシングというのは特別に男のロマンが感じられるスポーツ(格闘技?)なので好きなんです。
今年もブログ、楽しみにしています。v-530
[2011/01/04 22:57] URL | nobuko #- [ 編集 ]


これ、ちょうとNPRで話していたんですよ。 グッドタイミング。写真のせてくれて俳優の顔と名前が一致しました。このマークってひと、法的にすごくお世話になった人らしく、ひどいときはベトナム人をなぐって永久にブラインドにしたらしいです。それ読むと、『罪の償いしたのかよ!」といいたくなるんですが本人にいわせると『足』をあらったらしいですが。。。
クリス ベイルは個人的に興味ありますね。写真だけでもいい演技しているようにみえる。



[2011/01/09 12:46] URL | ママベア #XBp2Km4k [ 編集 ]

Re: タイトルなし
ママベアさん
マーク ウォールバーグにそんな過去が合ったなんて知りませんでした。
お兄さんが昔売れていたニューキッズ オンザブロックの一員だった事くらいしか知りません。v-402
ハリウッドの俳優って意外な過去があったりするんですね。
[2011/01/09 19:04] URL | nobuko #- [ 編集 ]

ミッキーのためを思うなら "よそで メシ食ってこい"と言うべき!
友達とDVDで見ました。とってもよかったです。

が、今回は厳しいコメントに なります。

問題児な母親と兄貴でしたね。母親を演じたメリッサ・レオがアカデミー賞の助演女優賞と兄貴を演じたクリスチャン・ベイルが助演男優賞を受賞した演技力は さすが!

 急遽代役の相手選手は体重差がありすぎな無茶な対戦を組ませてたなんて ボクシングの常識じゃ 絶対やらせては いけないのに・・・
ミッキーは家族に甘過ぎですよ!それが元で前の奥さんと別れて娘との親権も無いんでしょうし、トレーナーや恋人のシャーリーンにも散々迷惑かけて・・・・

 親父さんが連れてきてくれたプロモーターがミッキーをバックアップする話でも 条件として "母親と兄貴はダメ!" ・・・あれだけのトラブルメーカーじゃ あたりまえですよね。

 なのに 「あいつら(プロモーター)家族じゃないから信用できない」って・・・と言う母親と兄貴だけど、ドンキングじゃあるまいし(知らなかったら ごめんなさい)・・・  


それを快く思わない母親は "裏切り者"と罵倒して親父さんに 当り散らしたり 恋人のシャーリーンを目の敵にして気分が悪かったです。

 "家族は家族、ボクシング・ビジネスはボクシング・ビジネス"の区分けをしないと・・・・

 ボクの小さいときの知り合いのレストランのご主人とその息子さんも そうでしたが、息子さんが後を継ぎたいと言った時 父親であるご主人は・・・

 "よそでメシ食ってこい"と言ったそうです。身内がそばにいては しがらみや甘えが出て 腕を磨くのに妨げになるから よそで修業して一人前になってこいって事です。

 母親と兄貴は そう言うべき立場なんです!ホントにミッキーのためを思うなら よそのジムでトレーニング積ませてやれば よかったんですよ!
[2012/09/15 07:58] URL | zebra #ngCqAwRo [ 編集 ]

Re: ミッキーのためを思うなら "よそで メシ食ってこい"と言うべき!
Zebraさん
やっぱり身内でやるビジネスってよくないですよね。
特にこういう特殊なスポーツとか業種の場合、その道のスペシャリストみたいな人材が必要です。
こういうしがらみって日本だけじゃなくてアメリカの白人家族にもあるのだな~と映画を観ていて思いました。こういう家族じゃなかったらもっと若くして成功したんじゃないかと主人公ミッキーがかわいそうでした。
[2012/09/20 08:47] URL | Nobuko Ramirez #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komochirealtor.blog70.fc2.com/tb.php/70-ad319b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。