プロフィール

Nobuko Ramirez

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の進路について悩みますよね~、ご相談についての私の意見
子供の進路って本人にはもちろん、社会や現実の厳しさを知っている親にとっては大問題!

ウチの息子によると

”アジア人の親はみんな自分の子供を医者か弁護士、それがだめだったら会計士か薬剤師なんかの手堅い仕事についてもらいたい”んだそうです。

そりやー親というものは社会に揉まれて来ているので(人によって揉まれ具合は違いますが。。。。)自分の子には経済的に不自由をしてほしくないとか(これが一番)社会的に成功してほしいとか色々心配するわけですね~

私ももちろんその一人ですが。。。。

今日も昔同じ空手教室に行っていた子のお母さんから電話があり、高校二年生の息子さんの大学進学についてどんな準備をすればいいかについて相談を受けました。

我が家でお茶を飲みながら楽しい時をすごしましたが、実際に話してみると私の体験談を話す以外に、息子の参加した数々のプログラムやキャンプなどの情報をプリントしてあげたり、ウェブサイトを教えてあげたりと一人しか大学にあげていなくてもインフォメーションは本当に沢山で。。。。

ブログをやっているので訪問なさってくださる方からのご相談もあります。


中にはウチの娘は女優志望で歌手にもなりたいなんていうのでオーデションのことなどを書いた記事を読んで赤ちゃんをモデルにするには。。。なんていうご相談もありますよ!


そんな中で娘さんは芸能人になりたいということですが、そんな不安定な進路で心配はなさっていませんか?

というコメントをいただきました。その方の息子さんは帰国子女になる予定で将来サッカープレーヤーになりたいそうです。。。。


という事で私の答え。。。

息子さんがサッカー選手になりたい!と夢を持っておられるのはたのもしいじゃないですか!
将来は堅いところで歯医者とか(人の口の中を見たり、入れ歯を作ったりが大好き!なんてしたい人はいませんよね~)、会計士とかになりたいって言う子のほうが変だと思いますけど。。。日本じゃ何学部を出ても結局サラリーマンになり会社のために私生活まで拘束される。。。。のが普通でしょう?

ウチの娘は女優か歌手になりたいと言っておりますが、まあ課外活動かスポーツをやっているのと同じで、将来は大学もエンターテイメント系に行きたいようです。
芸人と言うのはどの国でも身分も収入も不安定で、アーティストと言うと聞こえはいいけどウエイトレスで終わる人のほうが多い現実を本人も解っていて、最近では脚本やプロデュースも大学で学びたいと言っているので歌手や女優として成功しなくてもテレビや映画関係の仕事でつぶしが利くようにといってあります。

その前に成績を何とかしてもらわないといけないんですが。。。。は~

息子さんには思う存分サッカーをやらせてあげて、その代わり学業にも励んでもらい、きちんと大学に入ってもらってプレイヤーになれなくても好きな道で食べていけるように準備をすればいいのではないかと思います。トレーナー、エージェント、スポーツメディスン、スポーツマーケティング,スポーツ専門のリハビリテーションやフィジカルセラピストとか、サッカーをプレーしてきたことが役に立つ仕事って医療系やビジネスの世界にたくさんあると思うんです。普通の就職をする時だって小さいときからずっとプレーしてきたことはとてもよい評価になると思います。(私の従兄弟は小学校からずっと野球で大きくなり私立大の奨学金ももらって大学でも(有名校じゃないですが)プレーをし、就職もいいところに落ち着きました)
A子さんのご家族はサッカーが大好きだし家族で楽しめるというのも息子さんが日本の生活に慣れていく過程でのストレス解消になるのでは?
息子さんは中一ですからこれから興味がサッカーからそれる可能性もありますし。。。



こんな具合です。

”Follow you dream" あなたの夢を追いかけましょう!

とよくアメリカでは言いますが、両親がなく親戚の世話になり大きくなった私には高校卒業後独り立ちしなければいけない現実があり、食べていくためにつまらないオフィスワークをしたりデパートで働いたりしなければなりませんでした。大学進学なんかのチョイスは全くなかったです。

アメリカ留学の夢もOLをしてためたお金でずいぶん年をとってから実現させました。

夢を追いかけられるのもラッキーでないと出来ないことで、誰かが後押ししてくれないと出来ないことなんですよね。


自分の好きな道で食べられるようになるって本当に人生で一番恵まれていることだと思うんです。

スポーツや音楽、芸能関係って不安定というのは誰でも思うことですが先日は歴史専攻をしたい子のお母さんからため息の相談。。。。卒業しても就職がないと。。

歴史専攻だと先生くらいしか仕事がなく、先生が余っているカリフォルニアではもちろん仕事はないし、他州でも無理だと思うと心配のお母さん。


でもその子は歴史系の勉強が大好きなんです。

去年の夏、うちの息子のお友達のお友達(ややこしいですが)で歴史メジャーの子はハリウッドで誰もが羨むようなインターンの仕事をしました。

いま大ヒットのドラマ”マッドマン”のスタジオでお給料をもらってのお仕事だったのです。

”マッドマン”は1960年代の話なのでセットの小道具から街の広告、あらゆるものはすべて正確に60年代とマッチしなければなりません。

歴史メジャーのその子の仕事はいわゆる時代考証といいますか。。。各エピソードに関するものがすべて時代的に合っているかチェックする仕事だったのです。

全く夢のようなインターンシップ!と息子は行っておりました。


両方のケースでお母様方は

”そんなこと思ってもみませんでした!見方を変えると色々可能性ってあるものですね!”

と同じ反応。


どんな夢でも子供の意欲をかきたてる夢ってその”意欲”と”情熱”がすばらしいと思いませんか?

その”意欲”と”情熱”は子供の興味が他に移ってもまた別の”意欲”と”情熱”に変わっていくのです。

若いのに意欲がなくダラ~ッとして自分の意見がなく

しっかりしろ~といいたくなるような若者が多い中、(こういうこと自体が年ですね~私。でも引きこもりとかニートなんて本当に気味が悪いと思うんです。)

集中できる何かがあるって人間的にもとても幸せなことだと思うんです。

その代わり、どの世界でも通用するようにきちんと教育だけは受けておかなければならないと思います。

いざとなったときにつぶしが利くようにということもアドバイスするのは親の役目ですものね。


うちの子供は二人とも全く違う事に興味がありますが、息子のやって来た沢山ののプログラムや娘のオーデションや撮影などの経験は私にとってもとっても楽しいものでタップリ楽しませてもらっています。もちろんストレスになることもありますが。。。


夢を追いかけるのに協力するけど大学卒業後は独り立ちできるようにしてね~(私は一銭も払いません!)


と今から言っておくのもいいことだと思います。

ウチでは小さいときからそういってるので子供たちもそのつもりのようです。

私の場合、あと7年でお役ごめんで~す!




励みになりますのでぽちしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

コメント

nobukoさん こんにちは

nobukoさんの所には私も含めて何人ものお母さんが「進路相談」をしてしまうのですね。でも分かるような気がします。お人柄ですよー。そして子供が選んだ進路を心配している人が私だけではない、と知り少し安心しました。
nobukoさんが何故お子さんたちの夢を肯定し、心から応援出来るのかも今回の記事で分かったような気がします。nobukoさんご自身が自分の手で自分の夢を実現させたのですね。

アジア系の親が将来安定した職業を子供に目指して欲しい、というのは分かるような気がします。夢を追いかける事も良い事だけれど、将来食べて行けなかったら、なんてつい現実も親は見えてしまいますしね。アジア系の親は教育熱が他の人種より高いですしね。
でもこの考えは何もアジア系だけではないようで、娘と同じクラスの子たちの多くは医学部を目指すようです(フランスはバカロレアという高校卒業試験を通ると大抵希望の学部に進めます。その代わりに1年生から2年生に上がるのが本当に大変です。医学部の場合10人に一人しか2年生になれません)。これは他の高校でも見られるようで、ヨーロッパは不景気で若者の失業率が非常に高く(フランスは25歳以下の25%が失業者)、安定を求めて医学部進学を目指すのでは、と私は考えています。高校生が安定を求めて医者を目指す、って何とも寂しい感じですが夢だけでは生きては行けない、という現実もあるのですよねぇ。世知辛い世の中になってしまいました。

そうそう、
日本じゃ何学部を出ても結局サラリーマンになり会社のために私生活まで拘束される。。。。のが普通でしょう?
とありますが、アメリカは日本と違うのでしょうか?

医者になったからといって一生安泰とは限らないし、歴史を専攻したからといって大学卒業しても無職かも、とは限らないですよね。そしたら好きなようにさせてあげたい、とも思うし、一方でうちのような庶民は子供を一生養ってあげられる事は不可能だからちゃんとした仕事を見つけられるような進路を取って欲しいし。。。なかなか難しいところです。どうなるかは後は子供次第ですかねー。

長々意味不明な事を書いてすみません。

そうだ、nobukoさんのお宅は小型犬を飼っていらっしゃるかと思いますが、旅行中はわんこさんはどうしているのですか?

ではではまた遊びに来ます〜
[2013/01/28 03:16] URL | たくわん #F5n5ni2I [ 編集 ]

Re: タイトルなし
たくあんさん
アメリカ人も会社務めはしますしストレスもたまりますが産休や子育て休暇(お父さんもです)なんかは堂々ととるし(それに対してまわりも協力的)バケーションなんか2週間とか平気で旅行には出かけるし退社後のお付き合いなんかないし。。。。子供が病気だからとかサッカーの試合があるとかで早引けしたり(お父さんが)出来るのが日本と違うところじゃないでしょうか。私生活と仕事がスッパリ分かれているのがいいとこでもあります。
今回のべガス行きではウチのフォクシーちゃんはご近所のお家に預かっていただきました。
その事については記事に書きますね。
[2013/01/28 10:50] URL | Nobuko Ramirez #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komochirealtor.blog70.fc2.com/tb.php/420-fa06b5ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。