プロフィール

Nobuko Ramirez

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと観ました、レ ミゼラブル。。やっぱり必見です!




予告を観てから心待ちにしていたレ ミゼラブルをやっと観てきました。

旦那は仕事、息子はお友達とサンタモニカに出かけていたので娘と二人、うきうき気分で観て来ました。


映画のオープニングからヒュー ジャックマンの日焼けにヒゲぼうぼうの奴隷姿。。。。あんなにいい男がこんなに。。。。。。。そして力強い歌声!

さすがブロードウェイで活躍し、賞などをもらった歌声です!


大体パンを盗んで懲役5年、脱獄を何度かはかったので10年以上も刑期を上乗せされたなんて本当に人権無視もいいとこですよね。。。。

その後ジャンバルジャンはある町の市長となりビジネスオーナーとして成功していきます。。


そして彼の工場で働いていたのがアン ハサウェイ。同僚の嫉妬により工場を追い出され、お金のために髪や歯まで売る羽目になり。。。娼婦にまで落ちぶれる。。。。。やっぱり醜いおばさんの嫉妬が若くて綺麗な子をここまで不幸に落とすのはどこでも同じなんでしょうか。。。そんなおばちゃんにはないたくないですね~

彼女が美しい髪の毛をやり手婆みたいな女に根元から殺ぎ切られるところは本当に残酷でした。

それにしても、彼女の歌声と演技、すばらしかったです。

私、彼女は本当に清らかなイメージがあってプリンセスダイアリーのころからファンなんです。

最近ビーチで結婚したときの写真なんかとっても素敵でしたよ。

あんな髪になってもみすぼらしくなってもやっぱり綺麗な人って美しいんですよね~

結局、彼女はジャンバルジャンに娘のコゼットの事を頼んでなくなるわけです。

その後はジャンバルジャンがコゼットを意地悪な夫婦から救出し大事に育てる。。。。

その間もジャンバルジャンの事をあきらめず追ってくるジャベール警部。。。。

このジャベール役のラッセル クロウがこんなに歌える人だとは私は全く知りませんでした。

ついこの間彼の”Man with the iron fist"(クワンティン タランティーノ監督)で大笑いをさせてもらったのとは全く大違いのシリヤスな役でしたが、執念深いジャベール役がぴったりでしたね~

目で演技が出来る、渋い役が本当にぴったり!!!!

そしてフランス革命!

ああ!!!ベルバラの大ファンだった私の心が躍るフランス革命!!!


リーダー格の若者の一人がコゼットと恋に落ちるエディー レドメイン。彼は昨年公開の”マイ ウィーク ウィズ マリリン”で私と娘の心をうばったお方!!!(娘と私の好みは同じなんです。。。若かったら恋敵になるでしょうね~)

相変わらずイノセントな若き英国紳士的(もちろんフランス人の役ですが。。)な表情がとってもかわいい!!!
キュートですよキュート!!!

しかし今回はそのパートナー役で革命に見も心もささげているエンジョラスの役のアロン トゥベイトのほうがいい男ぶりでした!

帰宅した娘は彼のIMDBを見て、金髪のロングへアートタイツがないとやっぱり今一でやっぱり好みはエディーだわ~なんて言っていました。。。勝手な奴です。

そして、こんな豪華キャストの中でもとびきり歌がうまかったのがエポニーネ役のサマンサ バルクス。
2010年から2011年までの一年間、同じ役をクイーンズシアターで演じていたので今回の映画でも本当にこの役そのものだった彼女の演技は光っていました。


最後に、コゼット役のアマンダ セイフィールド。清らかなコゼット役がぴったりの彼女。ミーンガールズでリンゼイ ローハンの脇役で出ていた彼女ですがアメリカのスイートハートから落ちぶれたローハンとは打って変わって大忙しで、今回はママミアに続くミュージカル第二段。うちの娘は彼女の歌声が一番好きだったと言っていました。

この映画、ライブレコーディングと聞いていたのですがとにかく演技をしながら色々な動作をしながら。。。あんなに綺麗に歌えるなんて、皆さんプロ中のプロ!すばらしかったです!

おまけに感心したのがメイクさんの技術!

コゼット役のアマンダや彼女の恋人役のエディーなんか素顔じゃないの????見たいな自然メイクでした。


ママミアが出た時に頭だけ観て止めにした私にとって(なんだか気恥ずかしい変なミュージカル映画というのが私の印象)はどんな作品かしら。。。と興味本位な部分もあったのですが。。。この作品、
数年前にヒットしたムーランルージュ(同じミュージカルでもこれは何度も観ました)を思わせる特撮場面なども本当に美しく二時間以上とは思われない程、物語と歌声に酔いしれる事ができる作品です。

ぜひ劇場でご覧ください!

励みになりますのでぽちしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komochirealtor.blog70.fc2.com/tb.php/410-b8364d36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。