プロフィール

Nobuko Ramirez

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公証人のつぶやき
私は不動産取引免許以外にもカリフォルニア州の公証人のライセンスを持っています。
その関係で色々な人たちに会う機会があります。

日本から送られてきた遺産相続に関する書類、結婚関係、移民局に提出する書類などには日本語のわかる公証人がいるわけです。アメリカ人だとどんな書類かわかりませんし、日本語が通じると言う事がお客様の安心感につながるからだと思います。

私には両親や親戚で不動産などを残してくれるような人はいないんですが、公証を頼まれる方にもいろいろな方がいらっしゃって学ぶ事や考えさせられることも多々あります。

相続の書類にサインしながら
”母さんが死んでくれたら兄貴と二人、残りの不動産を分けられるからもう働かなくてもいいんだけどね”
”???そんな事行っていいんですですか?”と私
”もう91だし。俺、次男だから出て行け出て行けっていじめられたんだよ。それでアメリカにいるんだ。
不動産だってもういいのは兄貴がもらちゃってるんだ。”

なんて方もいるんです。

私も息子がいる手前、悲しいものがありますね。
3人兄弟で下の妹さんは裕福な方のところにお嫁に行っていて遺産はいらないそうです。
きっとお母さんはこの人にしっかり一人立ちしてほしいと願っておられたんだと思います。
確かに長男と言うのは日本では特別だったんでしょうけれど、今もそうなんでしょうか。

人、一人を赤ちゃんの時から一人前に育てるのって本当に大変な事なのに、子どもに気持ちが通じていない事ってあるんですよね。特に兄弟間での差別とか(本当に差別している親ってあんまりいないと思うんですが。子どものとり様ですよね。)本当に難しい事だと思います。
うちの子供の場合は下の子がお兄ちゃんは頭がいいけど私は馬鹿扱いして。。なんて文句を言うときがあります。
そんなつもりはないんですが気がつかないうちに下の子にそういう印象を与えてしまっているのでしょうか。

反省。。。。

とにかく、二人しかいない兄弟なので大きくなって年をとっても仲良くしてほしいと言うのが私の願いです。

こちらのロゴ、クリックお願いしまーす。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komochirealtor.blog70.fc2.com/tb.php/35-f27d16a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。