プロフィール

Nobuko Ramirez

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命の糸。。。。人間の縁って不思議です。
私の友人が白血病のため、世界中から彼女とマッチするドナーを探していると昨日の記事で書きましたが、これも人と人との縁を探しているという気がします。

血を分けた家族でも彼女を助けられないのに、全く違う人種で彼女と全く違うところで育った人が彼女の命を助けられるなんて、また、その人を探す手段があるなんて科学の発達ってスゴイと思っている私です。

私自身もメキシカンの主人と結婚して子持ちになるというのは自分で予定していたことではないので人生ってやっぱり見えない糸に引かれての縁で出会う人によってずいぶん変わるもんだと実感しています。

本当はうーんと年上の英国紳士か学者と結婚してイギリスの田舎でミスポッター(ピーターラビットの作者です)みたいな暮らしをするとか、アメリカだったら、ワーキングウーマンのテス(メラニーグリフィス主演)みたいにキャリアウーマンになって。。。。なんて思っていた20代でした。

特に、子持ちになるというのは全く計算外で自分でも驚いています。

”あんたに子育てなんかできるわけないじゃない。。。。!”

なんていわれたりしたのが嘘のように、どっぷり母親業を楽しんでいる私です。

収入が安定していて、子育てに参加してくれて、日曜大工が出来るご主人が羨ましい~ひどい貧乏くじを引いちゃったわーなんて言う私ですが

娘によると

”パパが別の人だったら、私達って違う性格で全く違う人間になっていただろうから我慢してくれてありがとう”

ということですから、やっぱり旦那には感謝しないといけないんでしょうか。。。。。



私の場合、仕事でお会いするクライアントと知り合いになるのもいろいろな偶然からのことがあります。

たまたま配った広告からとか、インターネットで検索したら他のミリオンダラーエージェントでなく最初に出たのが私の名前だったとか。。。一番うれしいのはブログ経由でお問い合わせがあること。

ブログが縁で、いろいろな国に住んでおられる方々の生活ぶりを読ませていただいたり、写真を見せていただくのも毎日の楽しみとなっています。

書いている方のパーソナリティーがそのまま伝わってくるので、心と心でお付き合いができるのがブログのいいところですよね。

今年もたくさんの出会いがあることを楽しみにしています!




ランキングに参加していますので応援していただけると励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

コメント
ドナー
私は趣味が献血というくらい(昔は)よく献血をしていました。
ある時、おそらくドナー待ちをしている人と赤血球の型があったのでしょうね。緊急献血といわれ、何度か慌ただしく献血センターへ駆けつけたことがありました。
ある時からパッタリ連絡が無くなり、ドナーが見つかったのか、それとも・・・

人を救えるのは人でしかないと思います。
健康な体に生んでくれた親に感謝し、社会に恩返しを出来るとしたら、それも生きてるうちに出来る簡単なことって献血。
短絡的な考えでしょうが、それもまた1つの考えと思っています。

お友達、早く良くなられるようにお祈りしています。
[2012/01/09 05:32] URL | 管理栄養おたぬき #- [ 編集 ]

Re: ドナー
管理栄養おたぬきさま
私は若い頃ひどい低血圧で献血させてもらえませんでした。
こればっかりはお金とか薬でどうにもなるものではないですから、人助けが出来るってすばらしいことだと思います。子供のお医者様によると、献血すると体がもっと地を作ろうとして努力するらしく、若い人にはとてもいいことらしいです。うちの息子に献血を勧めていました。
[2012/01/09 16:30] URL | Nobuko Ramirez #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komochirealtor.blog70.fc2.com/tb.php/276-59dcccc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。