プロフィール

Nobuko Ramirez

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリフォルニアで不動産物件を売る過程。Jさんの場合。完結編。3
バイヤー1のエージェントにセラーにはクロージンクコストを払う能力がなく、バイヤーがGさんの銀行を使うなら$7500ドルをクレジットしてくれる事を説明した際、行け行けエージェントは

頭金$3000ドルに$7500ドルを足せばクロージングコストは出るし、

”Money talks"だから大丈夫よ!

すぐに連絡するわ!

と電話を切りました。


彼女が行ったとおり、ローンをファンドしてくれるレンダーを替える事はよくあるので私もバイヤーはGさんをレンダーにするものだと思っていました。

Gさんを使ってくれるなら私も安心してエスクローを開けることが出来ます。

結果は

バイヤーはレンダーは変えないがリタイヤメントアカウントからお金を出してクロージングコストを出すということでした。

そこで私は

リタイヤメントアカウントにいくら入っているか、残高証明をGさんに提出してくれと連絡。

もちろんバイヤーはすぐにGさんに残高証明を送ってくれました。


が。。。。。Gさんから電話が入り、

バイヤーのリタイヤメントアカウントの引き出せる金額はクロージングコストには足りないとの事。

私から行け行けエージェントにその事を説明。

彼女はあきらめず、何とかするという事でした。


しばらくして、彼女から電話があり、バイヤーの奥さんのリタイヤメントアカウントにもっと残高があるとの事。

残高証明を受け取ったGさんからOKが出たのはもう夕方でした。

こんなやり取りでオファーが来てから2日ほどは電話とE-メールのやり取りで1日が暮れる。。。のはよくあることです。

ちなみに、行け行けエージェントからは沢山のテキストがひっきりなしに来ていました。

そうこうしている間に、オファー2のエージェントから、他に出してあったオファーが受領されたので、こちらのオファーは取り下げたいとの連絡が入りました。

ショートセールや銀行の抵当物件の多い今のマーケットでは何件もの物件にオファーを入れているバイヤーが普通なので、たいして驚きもありませんでしたが、セラーであるJさんにバイヤー2のオファーがなくなったことを連絡。

一応バイヤー1のオファーがあるのでJさんはとにかくエスクローを開けたいとの事でした。

GさんのOKも出たので、とにかくこのバイヤー1とエスクローを開ける事にしました。

物件をマーケットに戻したのが水曜日、ここまでたどり着いたのが金曜日の夕方でした。

本当はウィークエンドを待って、もっとオファーを募った方がいいかと思ったのですが、オファーが入って3日の間に一応返事をしなければならないことと、このバイヤーを逃したら次のオファーが入るまですごく日にちがかかるのではないかとJさんはとても心配していたので(Jさんはネバダの物件にオファーを出していましたから、余計に早くこちらの物件を売ってしまいたかったのです。)セラーの意向を尊重することになったのです。

ここで一つ書いておきたいことがあります。

私のこの例だと本当に今の不動産マーケットがひどいようですが、例外もあります。

ブログを書いている私に不動産売買に関して質問をいただいたりすることがあるのですが、日本人のバイヤーの方の中には現金で$500,000くらいをポーンと出してしまう方もいらっしゃいます。

この方は北カリフォルニアに住んでいらっしゃったので私がヘルプするには遠すぎたので、色々な質問に答えて、あちらのエージェントを御紹介したのですが(結果はレンダーの紹介の方を使われたようです)2件見て一件にオファーを入れてすぐエスクローをオープンしたと言う事であっけなかったとおっしゃっていました。(エージェントさんラッキーですよね

全く羨ましい事ですが。。。。。。やっぱり現金が沢山ある方と違い、ファンドが少ないが家賃は高いし(不景気の時に家賃は上がります)、政府保証のローンやベテランズローンを使ってどうにかマイホームがほしいバイヤーにとっては本当に大変な、マーケットなのです。

先日、学校区のことで質問をいただいた方も$400,000をキャッシュで払って物件にオファーを入れているが、リアルターが年配の方で全く学校の事など聞いても知らないということで私に問い合わせが来ました。
小さいお子さんが二人いらっしゃる方で、アメリカの教育制度などについてお話したのですが。。。。。お友達から紹介されたリアルターさんはPDFで書類を送ってくるだけで具体的な説明もなく。。。。ということでした。

知らない事は調べてあげるのがリアルターの仕事だと思うのですが。。。。

以前、私の記事でも書きましたが、リアルターを選ぶ際は、面接をするつもりでいろいろなことを検討した方がいいと思います。

話がそれましたが、やっぱり現金が沢山ない場合はネバーギブアップの精神が大切で、根気よく物件探しやバイヤー探しをすることがポイントです。

Jさんのエスクローのついては次の記事に続きます。

ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになりうれしいです!




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ<

人気ブログランキングへ












スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komochirealtor.blog70.fc2.com/tb.php/249-04f48b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。