プロフィール

Nobuko Ramirez

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50/50 27歳で癌の宣告。お勧めコメディー



最近のプレビューは本当によく出来ていて,どの作品も観てみようかな。。。と思わせるのがうまいのですが、この作品のプレビューは絶対観にいこうと思わせるプレビューでした。

主演はジョセフ ゴードン レビ。

あまりおなじみではない名前ですが、この方、児童劇団からテレビの子役になりレギューラー出演した後、最近では映画出演で活躍しています。

最近の作品としては、話題作"インセプション"でレオナルド デ カプリオをはじめとしたチームメンバーが夢を見ている間、タイムキーパーをする役を好演していました。

とても自然な演技で誠実な好青年の役がよく似合う彼がこの作品の中では27歳で突然癌の宣告をされた青年の心の葛藤を大げさではなく、本当はこんな風なんじゃないかと思わせる様に演じています。

共演はセス ローガン。彼はここ数年、コメディー作品で引っ張りだこというくらい売れている人です。
グリーンホーネットでは主演とプロデュースを兼ねているし、カンフーパンダシリーズではカマキリの声も担当しています。この方もテレビの学園者のレギュラーでした。

と、子役から人気俳優として転進するのがとても難しいハリウッドで、見事転進に成功したした二人の息のあった演技が見ものです。

あらすじは

アダムはラジオ局に勤め、運転免許を持たないので高校時代からの親友のカイルと彼の車で毎朝出勤、ガールフレンドとも同居してまあまあうまく行っている平凡な27歳。ある時腰の痛みがひどいので受診すると、思いがけなく背骨の近くに腫瘍が出来ていて珍しいタイプの癌になっていると宣告を受ける。タバコも吸わず、お酒も飲まず、真面目な自分がこの若さで何で癌に。。。とショックを受けるアダム。親友のカイル、同居しているガールフレンド、痴呆の始まった主人の世話をしながらアダムのことを心配する母、24歳で駆け出しのアダムのセラピストとの出会いなどの彼の周りの人間模様の中で、戸惑いながらも抗がん剤治療を受けだすアダムの生存率は50%。。。

この物語は実話が元になっているということで、この映画をもっとナルホド。。と思いながら観た私。

息子から癌の宣告を知らされた母が(アンジェリカ ヒューストン)、"私が同居して世話をするから!"というところで、"だから言いたくなかったんだよ"というアダムのリアクション。
グリーンティーは癌のリスクを下げるからとお茶を入れようとする母に"それは癌になるのを防ぐためで、僕はもうなっちゃったからね。。。"と息子に言われ泣き出す母。。。の場面など、自分もこうなるのかなと思わせる場面でした。

放射線治療の影響で髪が抜けるなら、その前に坊主にしてしまおう!とカイルと二人で頭を丸めるアダム。

メディカルマリファナと言う事で放射線治療仲間とマリファナクッキーで盛り上がるシーン。

二人でクラブに行き癌をアピールして、ガールハントするシーンなど泣き笑いしたくなる場面が沢山あります。

癌になったから絶望のふちで毎日泣き叫ぶといった話ではなく、癌を告知されてからも告知された本人とその周りの人々の生活は続いていて、戸惑いの中で個人個人がどのように変わっていくか、どのように厳しい現実を受け止めていくかという過程をお涙頂戴とか大げさでなく淡々とユーモアを混ぜて描いているこの作品は観てよかったと思わせる一本です。

ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになりうれしいです!



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ<
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

コメント

ウワ!!この映画見たいです!! 私のガンも生存率50パーセントでした。髪も全部抜けました。 かなり泣きました。それでも毎日泣いてるわけじゃない、ご飯も食べれば、外出もする、子供も迎えに行って立ち話といった日常があるんですよね。 すごくわかるなあ、この俳優さんだったらすごくうまいでしょうね~、ぜひ見たいです!!
[2011/10/05 19:44] URL | tomotan #- [ 編集 ]

絶対見ます!!
Nobukoさん

本日第3クールの入院をしました。
治療は来週の火曜日からですが・・・

良い映画をご紹介いただきありがとうございます。
早速、日本でやっているかどうか又レンタルあるかどうか調べて見ますね~
体調は良いのですが、最近パッとしなくて面白い映画でもと思っておりました。
メディカルマリファナということで、マリファナクッキーに興味をそそられます(^^)/
映画のように楽しく治療できたらいいのですが・・・・あっ まだ見ていません(>_<)

又、世界的なブームかも知れませんが、ジョブズ氏のスタンフォード大学卒業式での演説が大々的にネットで紹介されています。
私も何度も見ましたが、素晴らしい演説で涙もろい私は涙なしでは見れませんでした。
特に、「毎日、これが人生最後の日と思って生きなさい。やがて必ずその通りになる日がくるから」と語っているところに感銘を受けました。
死に近いところにいる私には、当たり前だけど深い言葉でした。
独裁者と言われ、嫌われもした彼ですが、最後は偉大な言葉を残すものですね。
[2011/10/06 00:46] URL | ポポカ #sJN6ways [ 編集 ]

Re: タイトルなし
Tomotanさん
本当に、生死にかかわる病気になっても子供の世話はしなければならないし毎日の生活って続いていくんですよね。私もTomotanさんのブログは涙なしには読めませんでしたが、この映画も実話をもとに作っているという点で、大げさな台詞や涙でなく、登場人物の何気ないしぐさや目つき、台詞回しとちょっとした沈黙などで個人個人の気持ちが読み取れるが点がよかったです。ぜひ観てください!
[2011/10/06 08:20] URL | Nobuko Ramirez #- [ 編集 ]

Re: 絶対見ます!!
ポポカさん
この映画はポポカさんのことを考えながら観ていました。
私生活はブログに書いたりなさらないポポカさんですが、きっとポポカさんの周りの方々もこの映画の登場人物のように毎日戸惑いながらも手探りで毎日を送っておられるのではないかと思っています。

50パーセントの確立なんて、ポーカーテーブルに座っていたらスゴイ勝率じゃないか!見たいな事をカイルがアダムに言うところがあるんですが、どうしようもない病気という相手より、いいほうの可能性にフォーカスして生きる努力をする方が自分の命、存在をを尊重するという意義があるように思います。

スティーブ ジョブスのしはショックで、ネットの記事を読んで涙が出ました。
スタンフォードでのスピーチは実は息子が私にユーチューブで見せてくれたもので、私も涙しながら見たんです。若い方には特に見てもらいたいスピーチですよね。
[2011/10/06 08:32] URL | Nobuko Ramirez #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komochirealtor.blog70.fc2.com/tb.php/228-ee0351ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。