プロフィール

Nobuko Ramirez

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とっても不公平なアメリカ大学のファイナンシャルエイド と社会の仕組み
今までも何度かアメリカの大学の学費が高い事は過去の記事にも書いていますが、子供がシニアになってから本当にひしひしと損しているなーと実感します。

アメリカ人は高校卒業と共に独立!と思っていた私ですが大学に行く資金を工面するのはやっぱり親の収入によって大きく違ってきます。

大学願書を出すと共に親のファイナンシャルインフォメーションを大学に査定してもらい書く過程の負担額が決まります。

奨学金の種類としてはグランツと呼ばれる州や国からもらえるエイド。これは返さなくてもいいものです。

優秀な学生やスポーツ選手に与えられる奨学金。これも返さなくていいもの。

企業や団体からの奨学金。これは数百ドルからフルスカラシップまで沢山あります。

税金を払っている国民としてもらいたいのがグランツですが、その際に決め手なのは税込み年収の額。

大体4人家族で6万ドル以下でないとグランツは降りません。

ここで不公平なのは住んでいる州によって物価や生活費の額に差がありすぎるということ。

南カリフォルニアに住んでいると家の値段も他州の二倍以上、ガソリンや食料品などの物価も高く同じ額の収入があっても生活のレベルは全く違います。

子どもの空手に来ているお母さんがぼやいていましたが、一生懸命共働きしてやっと10万ドルくらい稼いでも、税率は上がるし、固定資産税、家のローンを払ったら貯金も出来ないのにグランツはもらえないし、仕方がないから子供は近くのコミュニテイーカレッジに行かせないといけない。本当に不公平!

これが現実です。

今年はうちの子と同じ年の子供をもったお母さん達に会うと、学費の安いコミュニテイーカレッジ(短大)から4大にトランスファーさせるという人が沢山います。

反対に6万ドル以下の年収の人にはグランツも降りるし、他のモデレートインカム(低所得とアッパーミドルの間)のプログラムで他のエイドも受けられます。

以前勤めていた会社の同僚は奥様が会社員で保険と固定給を貰い、御主人はリアルターをやってぼちぼち働き年収が増えないようにしていました。娘さんは二人ともグランツで大学にいっていました。

カリフォルニアの住民のために作られた州立大学の学費は数年前の2倍になっていますし、うちの息子の行きたい南カリフォルニア大学は私立で学費と寮費で1年間5万ドル以上かかります。
私立の学校に入る際はやはり両親の支払能力を考慮してファイナンシャルパッケージをどの大学も生徒にくれるので、その額とにらめっこしながらどこの家庭も家族会議となるわけです。

息子の友人である団体のフルスカラシッププログラムでハーバード大学にフルスカラシップでいった子がいましたが、お金がかかる色々なイベントにも参加していたし自分の車も持っていたしどうやって収入の額がクオリファイしたのか(ごまかしていたのか?)が不思議です。

今年もその団体からの奨学金でエール大学にいった子がいて、うちの子も願書を出したいといったのですが、ウチの年収では願書も出せないと説明する私のほうが困りました。息子に聞くとその子も大きなおうちに住み、自分の車もあるそう。。。。

うちの息子も色々な事を聞いてきますが、アジア系で海外に工場などを持ち会社経営していて豪邸に住んでいる子がグランツを貰って東海岸の私立校に行ったそうですが、アメリカでの個人の収入が少ないのでクオリファイしたとか。

会社経営していていても、会社から貰っているお給料が少ないと個人としての収入が少ないからいいってことでしょうか?私のお客さんでもリカーストアを何件も経営しているのに月の収入が共働きで3000ドル。20万ドルの頭金で家を買った人がいましたが。。。。自営だからうまく調節が出来るんならそれも不公平ですよね。

やっぱリ、サラリーマンの家庭が一番損する世の中になっているんですね。

しっかり払うものは払って何のエイドも受けられない。。。。。ぼやいたってしょうがないですが。

アメリカにいると低所得層といわれる人たちにすごくエイドがあるのでビックリします。

本当に事情があって困っている人もいますが、そうでない人も沢山いるようです。

家賃や食費、子供の粉ミルクやスナックのエイド、学費やサマープログラムのエイドなどなど沢山のプログラムがあります。

私の義妹はLA郡のハウジングプロジェクトの仕事をしていますが、なんと超高級住宅地であるパロスバーデスの近くに立てた新しい低所得者用コミュニテイーの家賃はつき300ドル。ジムや保育所など至れり尽くせりの設備。
そこにはナーサリーを設けて、仕事のない人たちが花の栽培などで生計を立てられるようにしたそうですが、肝心の住民に働く意欲がなく、郡の職員が植物や木を植えたりしているそうです。

共働きでがんばっている家庭の子が学費の工面が出来ず勉強が出来るのに行きたい有名私立学校に行けず州立大学でローンを組んだり、それも出来ず短大に行かなければならなかったりするのにわざと働かずに社会の仕組みを利用している人の子供がエイドを受けて有名大学にいけたりする場合もあるのはやっぱり親の生き方によりますね。

大学の授業料に関しての過去記事は教育のカテゴリーにあります。

こんな感じです。


高い大学授業料

どうしてこんなに高いの?

ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになりうれしいです!



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ<


スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komochirealtor.blog70.fc2.com/tb.php/223-bfbc4150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。