プロフィール

Nobuko Ramirez

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大ショック。二度目のエスクローキャンセル その6
気を取り直してJさんの物件はマーケットにアクティブリスティング、売り物件として戻りました。

物件の状態をアクティブにした30分後くらいから電話が鳴り始めました。

うそみたいですが本当の話です。

マーケットの暴落でフォークロージャーになり、住むところを借りなければいけない人たちが増えてから家賃は上がっていますから、今まで賃貸して少し貯金でもある人たち、貯金はないけど軍からVAとよばれるベテラン向けのローンが受けられる人たちが沢山家探しをしているからです。高い家賃を払うなら、買ったほうが安いか同じくらいの値段ですから。

もう一つの理由は、一人のバイヤーが複数の物件にオファーを入れないといけない今のマーケットの状態にあります。ほとんどの物件がショートセールや銀行差し押さえ物件であるこのマーケットではオファーをしてもいつ売り手サイドから連絡が返ってくるかわからない状態が多いからです。

Jさんの家は、とてもいいロケーション出し普通のセールなので一度見てみたい。。。と言うバイヤーは沢山いるのでショーイングの予約は沢山入るわけです。MLSと言う物件情報サイトにはバスルームは二つ。フルバスが一つにハーフバスが一つ。となっていても、一つはハーフじゃないかと言うエージェントが多いので、今回は、ショーイングノ予約の電話が来るたびに、ハーフバスのことを確認。全く子供を相手にしているのと同じ。。。ですよね。

マーケットに戻したのが金曜日でその日からショーイングスタート。
土曜日にはオファーが入りました。

売り価格と同額のオファーでしたが、VAローンなので頭金なし、Jさんにクロージングコスト(エスクローの費用、ローンのプロセス費用、バイヤーのタイトル保険費用その他の雑費など)として1万ドル払ってほしいとの事でした。

エージェントはしきりにバイヤーのカップルは年収が$120,000もあるカップルだからローンは万全と言っていましたがローンオフィサーGさんにローンの審査を受けてくれるようにと言う事と前のエスクローが落ちた事などを説明。収入が多いのはいいのですが、そういう人に限って使うほうが多く借金があったりするのでたいして当てになりません。

すぐに私はローンエージェントGさんに電話でバイヤーから連絡が来るだろう事とオファーの事を相談。
彼は、自分の銀行を使ってくれればクロージングコストは約$6000ドルくらいになり、(ローンの手数料、雑費などが安いからです。このバイヤーは個人ローン会社を利用。結局個人のローン会社はローンは銀行から受けるわけですから、銀行の手数料に自分達の手数料を入れるので割高になるんです。これでぼられている人は沢山います。)オマケにバイヤーに4.5%のレートで$3500ドルをクレジットしてくれると言う事でした。どうせ銀行は利子で儲けるんですからクレジットをくれてもいいんでしょうね。(今の住宅ローンのレートは5%台です)

と言う事は、

$6000ー$3500=$2500

となり、バイヤーは$2500をクロージングコストとして負担すればいいわけです。

この情報を含めてオファーの事をJさんに報告。

電話を切ると同時に別のエージェントからオファーを送るとの事。
内容を聞いてみると、フルプライスですが、もう一つのオファーと同じでクロージングコストを払ってほしいとの事。

払えない理由を説明すると、いとも簡単に、

”じゃあオファー額を増やしてファイナンスするから大丈夫"との事。

要するにオファー額に9000ドルをプラスしてそれをファイナンスし、クロージングコストを出そうと言う事です。

そんなに予算がないならもっと安い家を買ったら?と言いたくなるんですが何でもいいからとにかく買いたいのがアメリカ人。買った後のことは考えない人が多いので今のマーケットみたいになってしまったんですね。




ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになりうれしいです!



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

コメント
売買
このシリーズを読ませていただいて思うのは、家を買うのは日本でもアメリカでも一大事業だけど、仲介する人たちは大変な思いをしているんだと分ったことです。
ホント、nobukoさんのお話を聞いてると、どれだけ辛抱強くならなきゃいけないか!

リーマンショックの時、アメリカ人のお金の使い方とか、不動さん売買の話題がずいぶんとニュースになりましたが、審査が日本程キビシくないのかアメリカ人気質というのか。

もっとも、後先考えないのは人種でなく性格かも?
って、これは私のことですが(^^;)
[2011/08/07 06:50] URL | 管理栄養おたぬき #- [ 編集 ]

Re: 売買
栄養管理おたぬきさま
本当に後先考えないという一言です。あんまり考えすぎて今をエンジョイできないのも困りますが、無責任な人がほとんどなので不動産の暴落になりアメリカの不景気は当分続くといわれています。全くどうにかしてほしいものです。
[2011/08/09 10:08] URL | Nobuko Ramirez #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komochirealtor.blog70.fc2.com/tb.php/194-917db4a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。