プロフィール

Nobuko Ramirez

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判所の件その後。。。。
先日、去年あった事故のことでスモールクレームスコートと呼ばれる裁判所に訴えを起こしたことを書きましたが、その後の経過です。

最寄の裁判所に必要書類を提出し、

本当に出廷日時などの知らせがすぐに来るのか。。。アメリカは何事も時間がかかりすぎるから。。。
と思っていたら。。。なんと

3日後には裁判所からの通達が来ました。(やるじゃないかサンタアナコート!)

封筒の中には私が提出した書類に出廷日時、時間のスタンプを押したものとそのコピーが入っていました。

次のステップは

この書類を訴えを起こした相手に届けなければいけません。

届け方としては

郵便で送る。(絶対無くなりそうですよね。)

受け取った相手のサインをもらえるSertified mail で送る。

シェリフに依頼して、直接相手の住んでいるところに持っていってもらう。($35手数料を払っても、シェリフが直接家に来た方が書類を受け取る方もびびったりして効き目がありそうですよね)

個人でこのような書類のデリバリーをしている人に依頼する。(こんな仕事があるとは思いませんでした)

私の書類を書くお手伝いをしてくださった方は、シェリフに届けてもらうのが一番フォーマルで相手も真剣に受け取るからシェリフに頼みなさいと言っておられたのでそうする事にしました。

しかし。。。

話が前後しますが、

書類作成の際、相手の女性の現住所を確認すると、彼女の家は空き家になっていました。


事故の際、制作された警察のレポートに書いてあった自宅から今人がどこに行ったかわからなかったので色々当たった結果、私の友人の御主人がプライベートインベステイげーターなのがわかり彼に調査を依頼しました。
保険会社などは個人のインフォメーションはどんな事があってももらしてはいけないと言う事で全く協力はなかったです。(私への治療費を出せないと言ったあの保険会社のおばちゃんです。まあ。。決まりなんでしょうね。)

なんと相手の女性はリバーサイドカウンテイー(ウチから高速でで1時間はかかります)に引っ越していました。

裁判所に訴えを起こした場合、その裁判所のシェリフのデスク(あるんです)に書類を持って行って$35ドルを払い、仕事を依頼するのですが(仕事人。。。必殺。。みたいですよね)、その裁判所のあるカウンテイーの中だけのサービスです。私の場合は、リバーサイドの裁判所に問い合わせ、シェリフのサービスラインに電話をしました。

書類をメールで送れというのですが、途中でなくなってもいけないので(本当によくあるんです。必要なものに限ってなくなるんですよね)旦那がシェリフの所までって行きました。

シェリフが相手の女性に書類を届けたら、届けたと言う手紙が来るそうです。

今はその手紙待ちです。

書類の制作を手伝ってくださった方は、時間を作って裁判所に行って他の人たちがどういう風に裁判に望んでいるか勉強しなさいと言っていました。弁護士がいないので、私自身が裁判官の前で証言をするといいますか。。。話さなければいけないそうで、それも、5分と時間が決まっているそうです。。。
しどろもどろにならないよう、他の人のケースを見て練習しなさいと言う事なんですが。。。来週あたりから裁判所に行ってみようと思っています。この手の裁判は、誰でも見に行けるらしく。。。と言う事は私のケースも誰かが見に来るってことですよね。。。。。。。

皆さんどのように裁判に臨んでいるのか。。。。興味がありますが、自分が法廷に立つと言うのは実感がわきません。。。。


また体験レポートしてみたいと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

コメント

ほんとうに
大事なものほどなくなる国、アメリカ。役所も銀行も誰も用できないアメリカ。
頑張ってくださいね。続編待っています。
今回は、旦那さま、シェリフまで行った下さってよかったですね。
[2011/06/09 12:49] URL | yamao #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komochirealtor.blog70.fc2.com/tb.php/157-7bb9088d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。