プロフィール

Nobuko Ramirez

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の責任はどこまで?友人のために涙する娘に驚きました。
”まま、Kちゃんの成績、1つがDであとはぜんぶFだって。。。”

"???何で?どうしたらそんな成績取れるの?”

Kちゃんのことは前から娘から聞いていました。
娘によるとポーっとしていてまだ小学生みたいな子。
ミーンガールズ(意地悪な)みたいな子達にいじめにあったりして校長先生と3者面談したらしい。
お母さんはナースなのでほとんど家におらず、学校帰りは学校近くで学生でにぎわうショッピングセンターで時間つぶしをしたり食事をしたりがほとんど毎日。
義理のお父さんは軍関係の仕事でほとんど家にいない。

など。

色々聞いてみるとサイエンスのクラスには毎日出席せず学校のオフィスに座っているらしい。
娘も昨日それを知って驚いていました。
学校ののオフィスの人たちは何も言わないらしいと聞いて私は校長先生に電話をしようとまで思いました。
(娘がしないでくれと頼むのでやめましたが。。。)

さらに話が進むと。。。

昨日、Kちゃんは今まで提出していなかったプリントなどを何十枚も持ってきたそうです。
娘が英語のプリントを見ると、それはある本の感想を書くもので、あらかじめ質問が書いてあったそう。質問内容は

この本は家族愛について書かれていますが、あなたと家族との関係、日常生活について書きなさい。

あなたは家で家族とどんな会話をしますか?

など家族についての質問です。

Kちゃんの答えは

私の家では家族で話す機会がないのでなんと答えていいかわかりません。。。。そうすればいいのでしょう。。。

お母さんはいますが私と話す機会がありません。。。

ここまで言って娘は

わーーーっと

泣き崩れてしまいました。オイオイ泣くんです。

Kちゃんがかわいそうだといって泣きじゃくる娘に私もなんと言っていいか。。。

Kちゃんってどんな子?と聞くとフェイスブックのページを見せてくれました。

目がくりっとしてとってもかわいい綺麗形のフィリピン人の女の子です。
歯の矯正をしているところを見るとお母さんはそういうことや買い食いなどのお金を与えたりするのはちゃんとしているらしいということがわかりました。

”ナースは大概12時間交代制で週3日しか働かないから家に要る時間があるんじゃないの。。。"というともちろん娘はそこまでは知りません。

おかあさんはほとんど家におらず料理もせず外食かラーメンを食べるくらいだとか。
家にいる時も会話はなくKちゃんはコンピューターで友人とチャットするくらいしかすることがないとか。
前期の成績はAとBでよかったのにいじめなどが原因で学校は銅でもよくなったんじゃないかと娘。

とにかくそんな話を聞くと学校では先生達は何をしているのか!

とむかむかした私ですが。。。

そういえば私もそんな子だったなーなんて。

私は両親が不在で対象生まれの祖母に育てられましたが13歳の時に父が急に訪ねて来て、中三から高校卒業まで父と暮らさなければならなくなりました。高校1年までは妹も一緒でしたがあとの二年は私と父と二人。
建築関係の仕事だった父は旅の仕事が多く、私はほとんど一人暮らしみたいなものでした。仙台だったので雪が深く、住んでいたと所から学校はバスと電車を乗り継いで1時間半以上かかる場所。バスが来なくて雪の中を40分も歩くとかざらでしたね。今でも不思議なんですが、どうして父はあんな辺鄙なところに家を借りていたのか。自分は車があったからよかったんでしょうか。全く子供のことなんか考えていないですよね。それでもちゃんとご飯を炊いたりおかずを作ったりしていたのは小さい頃から掃除、洗濯、お炊事をさせられていたからだと思います。親子の会話なんかも特になかったし。。。挨拶とか。。。当たり障りのないことは話してましたけど。。。

何度か父が激怒して家中のものを壊してしまったりした事もあったのですが(テレビ以外です)それを冷静に黙ってみているような子供だったので余計に腹が立っただろうなと今は思います。

学校では父子家庭とはなっていましたが複雑な事情などは友人には一言も言わなかたのは、自分の状況を恥と思っていたのと妙な哀れみなんかを受けたくなかったからだと思います。学校では役員をしたり放送部でアナウンサーをしたり。成績も良かったです。いい成績を取る事が私のプライドでしたし、知識欲が旺盛な子供でした。

自分の話はさておき

Kちゃんを家に連れてきなさいと言うと娘は

"ママは説教するからダメ。”

"じゃあ、あんたが励ましてあげなさい。自分の将来が考えられ年なんだから、ちゃんと中学、高校と卒業できるように。サイエンスのクラスに送っていってあげなさい。”

娘はKちゃんが気に入っている自分の熊のぬいぐるみバックパックを(本当に熊のぬいぐるみなんです)貸してあげてサイエンスのクラスに行くよう説得するといっていました。

子供って作るより育てる方がずーーーーと大変。
コミットメントだからです。
人一人を一人前に、精神的にも、肉体的にも健康に、前向きな人間に育てるというのは並大抵にことではありません。私も手本になる母親といった人がいないのですが(祖母は本当に躾けに厳しかったので、あんな奉公人のように育てられると、今の世の中、かえって子供はグレると思います。)、今は情報が豊富だし、勉強しようと思えばいくらでも子育てを学べますからラッキーだと思います。特にブログは書き手の日常生活が生き生きと書かれていて楽しめるし本当にに参考になりますね。

今日帰宅した娘はKちゃんはちゃんとサイエンスのクラスに出席した事を確認。
毎日宿題もちゃんとするように話したとか。
お友達の力になってあげられるような子になってくれて親としてはうれしいです。

Kチャンのような例もあれば、両親の離婚によって打撃を受けている子、家庭内暴力のお父さんがいた子など、娘ン周りには色々事情がある子がいるようです。娘は聞き上手なんでしょうか。。。

普通に両親がいて家族の会話がありそこそこの生活が出来るという事が本当にラッキーだという事。

娘のコメントです。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

コメント

「孟母三遷の教え」「親は無くても子は育つ」・・・どちらもその通りといえる場合もあり、どちらも当てはまらない場合もありますね。子育ては親自身が試されているといってもいいでしょう。
その時々にベストを尽くしたと言えるようにNobukoさんがいつか仰っていた「真摯に向き合う」ことで後悔を少なくしていくように心がけるべきでしょうか・・・言葉であれこれ言うのも難しいものですね。
ただ、わたしは両親から「ああしろこうしろ」と指図はされませんでしたけれど、両親が喜ぶのを見るのが好きで、内職の手伝いをしたりとか、どうすれば相手が喜ぶかをよく考えていたように思います。他人を思いやる気持ちなんていうのも普段の生活から自然に生まれるものだと思いますし、持って生まれた性格もあります。教育は社会全体で取り組まねばうまくいかないと思っていますが日々の家庭生活が一番重要なのはいうまでもありませんね。
[2011/05/26 06:13] URL | goldpigeon #- [ 編集 ]


こんばんわ。
とても優しい娘さんに育てましたね!
家族で普通に会話できることは、素晴らしいと思います。
[2011/05/26 06:31] URL | アトムパパ #ulYx6Mu6 [ 編集 ]


こんにちは!
娘さん本当に優しいお嬢さんなのですね。感心してしまいます。
Kちゃんが笑顔で過ごせ、ちゃんと進級もできるといいですね。
家族で普通に会話できること感謝したいと思います。
うちの子供達も思春期で、以前のようになんでもかんでも親に話すということは
なくなりましたが、何か困ったことがあったときには話してもらえるように
目は離さず、常に心はオープンにしておきたいです。
娘さん、素敵なレディーになりますね(^^)
[2011/05/26 17:02] URL | すぬぞう #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/05/27 02:57] | # [ 編集 ]


親とか保護者って、子供にとっては本当に大きな存在。
自分の体験でもそう思うし、勤務先の生徒を見ていても思います。

しかし、アメリカはこういう生徒に対して、どういう考えなのでしょうね。何もしない事がいいこと?親がやる事で口だしはしないとか・・・

どうする事が良かったかは後にならないと分らない事は多いでしょうが、娘さんがこうして心を砕けるのは、やはり家庭環境がいいからです。読んでいて、家族ってなんだろうな~ってつくづく思ってしまいました。
[2011/05/27 09:06] URL | 管理栄養おたぬき #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
goldpigionさん
私も厳しく育てられた割には祖母の喜ぶ姿が見たくて妹と子供ながらにいろいろなことをしましたね。。。アイスクリームを買う小銭をためてお誕生日にハンカチを買ってあげたりとか、肩をたたいてあげたりとか。。。子供ってやっぱり一緒に生活している人に受け入れられたいという本能があるんじゃないでしょうか。思いやりというのは自分が誰かに心をかけてもらったことから身について来るんだと思います。

[2011/05/27 13:11] URL | Nobuko Ramirez #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
アトムパパさん
うちの娘は今のところ気立てがよく育っていますが気が抜けませんね。(笑)
本当にうちの娘は学校でであった事を何もかも私に話さないと寝られないらしいです。
[2011/05/27 13:14] URL | Nobuko Ramirez #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
すねぞうさん
娘のことを誉めていただいて有難うございます。v-398
私もお宅の息子さんと娘さんにはいつも感心しています。
私の理想のお母さんて、すねぞうさんみたいな方ですよ。
お料理上手で遊び心があってガミガミ言ったりしないおかあさん。
お子さん達、ラッキーです。
[2011/05/27 13:22] URL | Nobuko Ramirez #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
栄養管理おたぬき様
私も驚いて教育委員会に電話を入れるところでした。
こちらでは中学から大学みたいに生徒の方が各科目の教室に移動して授業が行われるのですがKちゃんが出席していなかったら校長先生にレポートするなり親に連絡するなりするのは学校側の責任だと私も思います。
大体オフィスで働いている人たちが何もしないで座っている子供に声もかけないなんて信じられません。
娘の友達の半分以上が両親の離婚の影響を受けている子達で、外見からはわかりませんが子供にとっては生きにくい世の中ですよね。
[2011/05/27 13:40] URL | Nobuko Ramirez #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komochirealtor.blog70.fc2.com/tb.php/151-5c14043b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。