プロフィール

Nobuko Ramirez

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり嫌われ者になるのには原因が。。。。。
ウチの娘は学校であった事を私に事細かに話すのが日課です。


昨日はエーーーーつ????と思う事が。。。。。

授業前の教室。


娘が近くに座っている子たちとおしゃべりしていた時の事。

E君がアメリカの国旗Tシャツを着ていたので娘が


キューバの旗じゃないとダメなんじゃないのなんて言ったので他のクラスメートとE君本人もゲラゲラ笑っていたらしいんですが(E君はキューバ出身)


その時


Kちゃんという子が


「ねーそれ、ウオールマートで買ったんでしょう?」(ウオールマートは低価格の量販店)

その場のみんなは彼女の事は気にせず会話をしていたそう。


E君も黙っていたそうです。


それが気にいらなかったのかKちゃんは


「ねえ、それ5ドルだったでしょう。年取ったおばさんが着てるの見たわよ!」


その場で会話が止まり


しーーーーーん としたので娘が


"K, What are you try to accomplish?" (一体何を成し遂げたいのか。。。どういうつもり?みたいな感じ)

Kちゃんは


"。。。。。。"

" That's why I don't like her"


と言ったのはKチャンの好きなA君。

Eくんは黙って少し離れた自分の席についたそう。


娘はKちゃんが話し始めた時の他のクラスメートの顔が引きつっていてその場が凄いテンションになっていた事などを私に説明。

Kちゃんは小学校の時からこんな感じ。お母さんも他の父兄とトラブル続きの人です。


E君の事は娘から聞いてよく知っています。

スポーツ万能な事。家族はキューバから数年前にアメリカにきたのでスペイン語のアクセントが強い事。

そんな事より、新学期が始まって娘は私に彼の事をとってもいい子だけど気になる事があると。。。

どうもTシャツ3枚くらいとジーパン2枚にスニーカー1足がワードローブのすべてらしいという事。

明るい彼はみんなにとっても好かれていて娘はどうにかしてあげたかったみたいなので私が

「洋服、持って行ってあげたら?」

「ダメだよE君が傷ついちゃうよ」


「お兄ちゃんに合わなかったらとか言ったら?」

「E君にだけ持って行ったらへんでしょう?」

こんな具合です。

私は娘がこの子が好きなのか。。。ついにうちの子も。。。。と思ったのですがそうではなっかったらしいです。

どんな事があっても他人がその場にいられなくなるような状況は作らない事。

特に着るものや車で人は判断しない。

人間性、人間としての価値と収入や財産は比例しない事。

以上の事は子供達には言い聞かせてあります。

私は妹とともに祖母に育てられたので、経済的にも大変だったらしく、着るものは祖母の手編みのセーターなんかや知り合いから娘さんのお古などをもらって着ていたんですが、小学6年性の時、クラスの女王様みたいな子に

「何でおんなじ服ばっかりきてるの?」

と言われた事は忘れられません。

娘の今回の状況にソックリで、周りにいた子たちの反応も同じでした。
日本で昔の事でしたからみんな黙ってましたけど。

いま思えば、あの子は何気に深い意味もなくあんな事を言ったんだろうと思うんですが、
今のウチの娘と同じ年だった私はどんな顔をして良いかわからなかったのです。

こんな私の経験を聞いていたので娘はE君の事に気がついたんだと思います。
クリスマスの後、彼に新しいワードローブが増えたと娘も喜んでいました。

ちなみにKちゃんのこのエピソードは7年生の間でみんなが知るところとなったそう。。。。

Kちゃん、どんな大人になるんでしょう?
やっぱり、お母さんみたいな人ですよね。

先日からコメントをいただいていた方々、お返事コメント、遅くなりました。すみません!

励みになりますのでクリックしてくださるととってもうれしいです。ありがとうございました!!!



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


















スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

コメント

学校の中ですごいドラマがあったんですね。
E君はKちゃんのコメントに何も言わず、黙って自分の席へ移動したというのが、本当に大人の態度で偉いです
(ちょっとE君のファンになってしまいそうです!)

それにしても、Kちゃんは、言わないでもいい事をつい口に出してしまう
「困ったちゃん」タイプなんでしょうね(笑)。
[2011/05/03 22:29] URL | 猫子 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komochirealtor.blog70.fc2.com/tb.php/136-60a13f9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。