プロフィール

Nobuko Ramirez

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地震から3週間。被災直後の現地の本当の状態は?
東北地震から3週間。

私の父と電話で話したところ、ローソンなどのコンビニや他の商店なども営業しているらしいです。
モチロン商品には限りがあるようですが、食料品などが買えるようになったのはとてもありがたいといっていました。一人暮らしの父のところには、市の方がお米や野菜ジュースなどを持ってきてくださったり、知り合いの方が1人、10リッターしか買えない灯油を父の分まで買ってきてくださったり。本当に感謝の一言です。

父の住んでいる数ブロックだけがどういうわけか少しの浸水だけの被害で、周りはすべて流れてしまったので全く奇跡だと本人も言っていました。足が悪い父は、津波の警報が出た時、逃げても無駄だと思って覚悟していたらしいです。

叔父や従妹達の家も浸水はしましたが今は自宅に戻り掃除の毎日のようです。
運命って本当にわからないものです。テレビのニュースなどではメディアに係わる方々のチョイスでニュース番組などが作られ、本当は何が起こっていたのかなんて私達には分からないんですが、こちらのブログで地震があってすぐ現地で看護にあったっておられた方の体験を読むことが出来ます。

ビデオや写真なしで書かれた一言一言から彼女の叫びが伝わってきます。
実際にあの場所にいて被災なさった方々と寝起きを共にしていたからこそ書ける文章です。

http://blog.goo.ne.jp/flower-wing

カンゴンさんのブログはこちら

改めて思いますが、私達は、この体験を日本人として忘れてはいけないと思います。
この国難を機会に、みんなが心を合わせて団結し、日本の将来を築いていけるよう祈っています。

私にとってはこれを機会に父と話すチャンスもあり、個人的にも力になってあげたいと思っています。
親子の縁の薄い、私と父のことはまた書く機会があればブログにかいてみたいと思います。

励みになりますのでクリックしてくださるととってもうれしいです。ありがとうございました!!!



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

コメント
カンゴンさん
お父様、色々と不便はあるのでしょうが無事で何よりでしたね。
周囲の方達の優しさは、何よりも嬉しいものでしょうし、大変な時に人を思いやれる心・・・自分は出来るだろうか?と自問しながら読んでしまいました。

それと、カンゴンさんのブログも読ませていただきました。
とてもとても考えることばかりでした。
カンゴンさんのような医療に携わる方々が満足な治療が出来るよう、震災復興に関わっている全ての人たちが無事に仕事ができるよう、そして被災した方々が今日よりも少しでも明るい希望が持てるように。
私が出来ることは小さいですが、節電、もっと頑張ります、長期戦になることは必須でしょうから、こまめに長い期間、募金も継続できるように・・・そして、何が出来るかもっと考えてみます。
[2011/04/02 01:44] URL | 管理栄養おたぬき #- [ 編集 ]

感謝です。
カンゴンさんのこと伝えていただきありがとうございます。
淡々と事実だけを伝えることが、こんなに人の胸を打つものだと、
彼女の文章を読んで驚きました。
第二陣、三陣で被災地に入る医療チームは、
まだ報道等での予備知識があるだけ気分的に違うでしょうが、
カンゴンさんたち第一陣は規制線内の地獄を真っ先に見たわけで、
「手をグーにして肩をすぼめて・・・」の記述の通り、
極限状態での救援だったはずです。
彼女たちの労に報いるためにも、私たちは息の長い支援をして参りましょうね。


[2011/04/02 06:18] URL | 陽花 #XbnZBJT2 [ 編集 ]

Re: カンゴンさん
栄養管理おたぬきさま
今回の災害では私達も長期戦で支援をしていかなくてはいけないと思います。
私のブログでも書きましたが、普通の生活をしている(富裕層ではないという事です)私達が一番被災者の方々の立場、将来に向けての生活への不安を察してあげられるのではないでしょうか。カンゴンさんのブログにもありましたが、皆さんの節電のおかげで被災地でも電気が使えるとか、直接的にみんなの協力が助けになっているんです。アメリカにいる自分が情けないですよ。
[2011/04/02 12:38] URL | nobuko #- [ 編集 ]

Re: 感謝です。
陽花さん
ブログに陽花さんのお名前を入れるのをうっかりしてしまい、すみませんでした。カンゴンサンの事、書いてくださって本当に有難うございました。
カンゴンさんのブログ、涙なしでは読めませんでした。私のブログに来て下さる方々にもぜひ読んでいただきたかったのです。私も自分に出来る事を長期的にやって行きたいと思います。
[2011/04/02 12:45] URL | nobuko #- [ 編集 ]


今日は遊びに来ていただき、コメントも残していただきまして
ありがとうございました。
私もカンゴンさんのブログを陽花さんに教えてもらって読みましたが
壮絶な現場を想像すると涙無しには読めませんでした。
若者が無責任だとか良く言われますが、不眠不休で働いてくれる
体力のある若い人の力にこの国の未来は明るいと感じました。

nobukoさんのご実家はまさに被災地なんですね、
お父様との間にはいろいろとあるようですが、
親も年を取り、遠く離れているだけにお父様のことが気がかりですね。
[2011/04/03 04:16] URL | mimoza #US7Is6OM [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/04/04 16:18] | # [ 編集 ]

Re: 日本の現状
たっちゃんさま
学校が決まってほっとなさっている事でしょう。知らせてくださって有難うございます。
娘さんのようにキチンと将来に向かって教育的にも精神的にも準備していく努力が出来るのは、やはり御両親の子育ての賜物だと私は思います。おっしゃるとおり、インターネットなどの普及で一般市民の私達でもいろいろな情報を得て学ぶ事が出来る今、昔ながらのタテマエばかり繕っているような政府は海外からどんな評価を受けているのだろうと思うと、情けなくなります。
こちらの大学に来られると”これでもかー"としごかれる一方、卒業と共にちゃんと使い物になるスペシャリストになれるので、娘さんの努力は大きな実りになると思います。私でお役に立てることがありましたらいつでもお知らせくださいね。
[2011/04/04 17:41] URL | nobuko #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://komochirealtor.blog70.fc2.com/tb.php/121-2b500053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。