プロフィール

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリル ストリープの演技に驚き!!!!Iron Lady"鉄の女”




アカデミー賞ノミネートが発表された時、

また。。。メリルストリープだ。。。。毎年ノミネートされているんじゃない?なんて言う方も多かったかと思いますが。。。私もその一人。

マーガレット サッチャーさんを演じた”Iron Lady"鉄の女でノミネートと聞いたと時は

やっぱり。。。。。と思った私。

この映画、プリビューで観たのですが、メリルストリープが限りなくサッチャーさんにそっくりなのに驚いたからです。

ということで、娘といっしょに観にいって来ました。

オープニングは一人のおばあさんがリカーストアで牛乳を買うところから始まります。

そこで私は自分の目を疑いました。。。。

画面に大写しになっているのはどう見ても80くらいのおばあさん。

娘も。。。”これ誰?”と私の顔を見る始末。

目つきも歩き方も声まで全く高齢のおばあさんにしか見えません。

でも、目だけがメリル ストリープかも????と思わせる感じ。

物語はサッチャーさんのプライベートなサイドと総理大臣としてどうやって厳しい状況に立った英国をリードして行ったかと言う過程を描いています。

フォークランド戦争の際、亡くなった兵士の家に直筆の手紙を書いて送っている場面、女性で初めて党のリーダーとして立候補する際にスピーチトレーニングやメイクオーバーをして女性リーダーとしてのイメージを確立していった場面など興味深く楽しめる場面がたくさんあります。



トレードマークの帽子、真珠のネックレスはやめにして、声のトーンも変えて。。。と言われた際に防止はあきらめるけどご主人と子供から贈られたパールのネックレスは絶対にギブアップしないと言うところがとってもいいですよね。


階級社会のある英国にて、両親の経営する食料品権雑貨屋を手伝いながら、弁の立つポリティカルな父の影響で他のテイーンエージャーとは全く違った状況で成長し、オックスフォード大学卒業後、政治の道に入ったサッチャーさん。

オックスフォード入学許可をもらった際に

”Don't disappoint me" ガッカリさせないでくれよ。。。とお父さんに言われてうなずく若かりしサッチャーさんが印象的です。
成長してからも

”私の父は私をそんな風に育てはしませんでした!”という場面があり、やっぱりすばらしいお父様に育てられたからこそ、ただ一人の女性首相として英国の歴史に残るサッチャーさんの人格が築かれたのだと思います。きっと階級を超えて、将来、国民のリーダーになるように、大志を持って成長するように育てられたのでしょうね。若い頃のサッチャーさんを女優さんも役柄がぴったりでした。

おまけに旦那様の若い頃を演じた俳優さんが超私の好み。(後からGoogleしてちょっとガッカリ。。。。普通の俳優さんでした。。。やっぱり、スーツにスリークな髪型とめがねスタイルがよかったのです。娘もすごくかわいいといっていました。。。好みが合うんですよね。なんて親子でしょう

サッチャーさんだけがロイヤルブルーや赤いスーツやドレスを着ていてほかの男性はすべて黒一色なのでどの場面でも本当に

紅一点と、映像、衣装共にビビットで目を楽しませてくれます。

英国大好きな私には超お気に入りの一本となりました。


この演技でアカデミーにもれたら嘘だ!!!!!といいたくなる作品です。

ランキングに参加していますので応援していただけると励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。