プロフィール

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大ショック。二度目のエスクローキャンセル その2
Jさん宅への2つのオファーの内容は

オファー1:フルプライス(売値どおり)、シロアリ駆除のみのリクエスト。

オファー2:フルプライス、クロージングコストとして$10,000のリクエスト。

クロージングコストというのは、エスクローの費用、バイヤーサイドのタイトル関係の費用、登記費用、ローンに関する手数料などを含む物件を買うためのすべての手数料です。通常、物件価格の3%くらいが必要です。この場合一番多くなるのがレンダーのローンに関する手数料などなので、バイヤーとしては少しでも安くローンをファンドしてくれるレンダーを選ぶのがポイントです。

私が話したところどちらのエージェントもバイヤーはとてもJさんの家が気に入っていてすぐにでもエスクローをオープンしたいと言う事でした。

オファーと一緒に送られてくるバイヤーのクレジットヒストリーと銀行預金残高などを見てもまあまあ二人とも似たり寄ったりのレベルです。

とにかく、Jさんには$10,000も払う予算はないのでオファー1の方とエスクローをオープンし、オファー2のエージェントにはバックアップオーファーとして、オファー1とのエスクローがキャンセルになったら連絡しますということにしました。

Jさんが契約書にサインしたので#1のエージェントに電話すると、バイヤーサイドに別のセラーからオファー受理の連絡があり、迷っていると言う事。

ガーーーーン

バイヤーが何件かの物件にオファーを入れて、受け入れられた方をとるというのは、今の不動産マーケットではよくあることですが、せっかく買い手が見つかったと喜んでおられたJさんのことを思うと全く私としても複雑な心境です。。。。

とにかく早くどっちにしてくれるか決めてほしいと言って電話を切りました。

jさんにははっきりした事がわかってから連絡する事にして、と思っていたらまた電話が。。。

バイヤーのエージェントからで、バイヤーがJさんに2万ドルをハーフバスにシャワーを付ける費用としてリクエストしたいと言う事。

契約書をキチンと交わしているのに足元を見てこんなリクエストをしてくるなんて。。。。というのが私の本音だったんですがとにかく、Jさんにはそんな予算はないことを告げると相手のエージェントはじゃあ1万ドルでは?自分がバイヤーに交渉してみると言います。

全く調子のいいエージェント。

もう一つ受理されたオファーの物件がどこにあるのか聞くとJさんの家とは学校区や環境的には劣るエリアだったのでその事をいうと、その物件にはシャワーが余分についていると言う事。

とにかく、シャワーは追加できるけれど、学校区や立地条件は追加できないしセラーには1万ドルをバイヤーのために払う予算はないと電話を切りました。

こんなやり取りをながーーーーい間、英語でやるわけですから、全く疲れます。。。。

気を取り直してJさんにどういう常態か経過を報告。

驚いたJさん。何でこんな事に。。。無責任にも程がある。。。。と。

1万ドルとか二万ドルとかの要求なんて一体バイヤーは金箔張りのトイレでも作りたいのかとJさんは激怒。

とにかく向こうがそう出るならこちらだってもう一つの方と交渉しましょうということで。。。


バイヤー#2のエージェントに連絡。
事情を説明して、バイヤーにクロージングコストを負担する予算が少しでもあるかと聞くとリタイヤメントの口座からお金が引き出せると思うとのこと。私に送られてきた銀行からの残高照明にもリタイヤメント口座に4万ドルくらいの残高がありました。

Jさんに事情を説明して、彼女がいくらくらいクロージングコストへのヘルプができるか電話。


半時間くらいでJさんから$4000ドルくらいならできると言う事だったので、相手のエージェントに電話。

バイヤーもリタイヤメント口座から足りない分は引き出すと言うことだったのでカウンターオファーの書類を送ると言う事で電話を切り、書類制作。

書類をJさんにE-メール、サインの上ファックスしてもらい、いざ、バイヤーに送ると言う時に電話が。。。

#1のエージェントからでした。

バイヤーがやっぱりエスクローをオープンしたいと言う事でした。



ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになりうれしいです!



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村









スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。