プロフィール

Nobuko Ramirez

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IRIS  ハリウッドでのシルクドウソレイユ のアイリスはとっても素敵でした!






まだまだ夏休みが続いていますのでブログを打つ暇がなかなかありませんが、訪問していただいた方々にお礼を申し上げます!誰かに覚えていてもらえるってうれしいことですよね!ありがとうございます!


8月3日は結婚記念日。。。。だったのですが。。。オーガニックのものしか食べない旦那とは食事にもいけないし。。。でも何にもしないのもかわいそう。。。


というわけで、奮発して前から見たいと思っていたシルクドウソレイユのアイリスを観にいきました。

このショーは娘が去年のオープニングの時から行きたい行きたいといっていたのですが$100以上するチケット(VIPのは250ドル)を4人分と言うのはちょっと。。。なのでず~と見送りしていたのですが、今回シルククラブ(無料)になったおかげでなんと50ドルプラス手数料(4人分で250ドル!)で舞台に向かって右よりですが前から6列目の席をゲットしました!


金曜日の夜は前から空けて置くようにと言われていた子供たちは(どこに行くかはサプライズにしました。)


結婚記念日なんだからフツーは二人でどこかに行くんじゃないの~

なんていっていましたが、車に乗り込んでどこに行くのかと楽しみにしていたみたい。。。


ドライブしているうちにハリウッドボウルの近くでフリーウェイの出口を出ると、またまたどこに行くんだろう。。。。と思ったみたいでしたが、ドルビーシアターが見えてくると

娘が

あーミステリーが解けた!ず~と色々考えてパズルを解いたんだよね~~。だってこの間、ママがアイリスのインフォをネットで見ていたし、ミュージカルを観る時ってウィケッドに行った時みたいな前の席がいいか、ベガスで観たシルクのショーの時に座ったような席がいいかなんて聞いてたし、出がけにちゃんと着替えてなんて言ったし、ハリウッドに来ているし、絶対金曜の夜は空けといてなんていっていたし。。。アイリスを観にいくんでしょう????




すごく盛り上がっていました。

息子の顔を見ると普通のミュージカルなんかには興味のない彼もうれしそうな顔です。

パーキングに車を止め劇場に向かう足取りも軽くドルビーシアターへ。

劇場に入るなり素敵な舞台のセットに驚き、出演者がショーの始まりを待っている観客に話しかけたりして楽しませてくれます。

私がシルクのショーを見たのは12年前。当時一年生だった息子をドラリオンに連れて行きました。その時はVIPでご招待を受けたので、インターミッションの時もVIPのテントでオードブルやおすしを食べながらシャンパンを飲んだりもして。。。とっても素敵でした。。。サンタモニカビーチにテントを張ってのすばらしいショーでした。残念ながら息子は全く覚えていないようですが。。。。

アイリスは映画の本場ハリウッドでシルクが映画の歴史を映像とアクロバット、マイムなどを織り込んでクリエイトしたショーで、まさにイリュージョンの世界に引き込んでくれるショーです。

とにかく音楽、衣装、振り付け、アクロバット。。。すべてが言葉で表せないほど素敵で私好みでした!

テーマは映画の世界ですがもちろんストーリーの中心はLOVE!

繊細で物悲しい旋律をバイオリンで奏でるテーマソング。

ベイビーブルーのサテンを基調にローズピンクのリボンなどをあしらったヒロインの衣装はデザインが変っても同じカラーを使っていました。ヘアスタイルはブロンドのショート。他の衣装は1920年代のイメージ。帽子や靴などのディーテールも細かいところまでうっとりとため息が出るほど完璧でした!前の席でよかった~

舞台はメインのシーンの舞台、その後ろの幕が開くとまた奥行きが出て、その後ろにもうひとつ。。。と、とても奥行きがあり、各シーンに立体感を与えていました。

セピアカラーの映画の撮影シーン、舞台上でアクターが持っているカメラで撮影した映像が舞台のバックグラウンドなどに写ったり、その映像とともにアクロバットやダンスシーンがあったり、フィルムをイメージしたシーンなど今までのシルクのショーにはない独自の舞台空間とイメージを作り出していました。


もちろん空中ブランコやトランポリン、ハーネスを使って空中で色々な技を披露してくれるサーカス的な要素も盛りだくさんです。


そして。。。

皆さん、

超美形でした!!!

シルククラブに登録して、4人分のチケットを買うと$199ドルというプロモーションもやっているようなので、ぜひLAにこられる方にお勧めのショーです。

たまに素敵なショーを見る機会などがあると、ホントーに命の洗濯をしてもらったような気になる私です。

今月の23日からは息子の学校を観に、ニューヨークに行く予定もあるし、娘のオーデションやプロジェクトもあるしまだまだ忙しい毎日ですが、残りの夏休み、夏バテしないでがんばりま~す!

励みになりますのでぽちしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

珍しく雨!ハリウッドで仕事を始めるためのスタート。
今日は珍しく雨が降っています。

先週植えた、アマリリスの球根に水をやらずに住んでラッキー!!!!なんて思っています。

砂漠地帯に住んでいるようなものですから、たまに雨が降ると雨上がりがとても楽しみです。

空気が綺麗になったような感覚と雨に現れて生き返ったような町並みやビルでイング、植物などがとても綺麗だからです。

さて

前回までの記事では高額な費用を払って情報をもらうのには気をつけましょう。。。

と書きましたが、では、どうやって情報を得るか。。。

人から聞かれると私が答えるのは

まず、オンラインサイトに登録して自分の情報を載せてみる。

Lacasting.com

というサイトにはうちの娘も登録しています。

月額チャージが10ドルくらいでメンバーになれます。

メンバーになると、自分のインフォメーション(体のサイズ、目や髪の色、年齢、性別、アクテイングの経験、特技)を登録できます。

登録の際に写真をアップロードします。プロにとってもらったヘッドショットが必要です。

ヘッドショットがない場合はとりあえず、ヘッドショット風(無地の壁の前で撮った写真など)のスナップショットを載せておいてもいいと思います。カメラマンの情報もこのサイトに載っています。

自分ののインフォメーションの登録が終わると、オーデションサイトからあなたの条件にあったオーデションのインフォメーションがEメールで送ってきます。

このサイトでオーデションのリストはいつでもチェックすることが出来ます。

このサイトには、フィルムスクールの学生たちからの募集からメジャー企業のコマーシャルや映画でのキャステイングなどが載っていて俳優の卵たちはたいていこのサイトを利用して経験をつんでいきます。

エージェントが付くまではこのサイトにある小さな仕事(ペイがただのものからハイなものまで)をするのが実際の撮影現場でいろいろ勉強するのにとても役立ちます。

このサイトにはたくさんのエージェントも登録しているので、エージェントがいない人には、プロファイルをチェックした上でエージェントから面接の申し出があったりします。エージェントと会ういいきっかけにもなります。

このようなサイトはたくさんあるのですが、うちの娘が登録しているのは

Lacasting.com と Actorsaccess.com の二つです。

活動を始めたらまずエージェントを探すのが目標となります。

エージェントにしか連絡が行かないキャステイングというのがほとんどだからです。

私はズボラなので、娘のアクテイングクラスを見に来た駆け出しエージェントと契約しましたが、メジャーなオフィスと契約したい人がほとんどだと思います。

うちの娘の場合は経験もなかったのでとにかくうちの子をとってくれるというところと契約したわけですが、いろいろあたってみるといいと思います。

Lacasting のサイトには、エージェントのリストが載っているので、エージェントを選び、自分のレジュメ(履歴書、出演作品やトレーニングの内容などを書く)と写真(ヘッドショットかスナップ写真)を送ります。

エージェント選びはGoogleなどで、どんな子役や俳優がそのオフィスに登録しているかをチェックして自分のカテゴリーに合うかチェックします。

写真を見てくれるかどうかは、オフィス次第。来たものは全部開けて、受付の人が気に入るとエージェントに回すオフィスがほとんどです。

とにかくトレーニングが必要なので、自分のアクティングコーチの推薦とか、定期的にあるショーケースなどを利用する方がもっと可能性はあがります。

オーデションを受ける際の手順や自己紹介の仕方や面接のやり取りなどは”プロ”から習う必要があります空、このくらいの投資はしないといけません。

子供モデルの場合はたいしたスキルがなくとも、写真さえ気に入ってもらえばすぐエージェントは見つかリ安いみたいです。

アジア系の場合はアジア系の子供が少ないところを狙うのがいいと思います。どのオフィスでも、いろいろな人種をそろえておきたいからです。キャステイングの際は、人種と年齢は必ず指定が来ますから。


と少し書いてみましたが、参考になるといいと思います。


ランキングに参加していますので応援していただけると励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

有名モデル事務所でもこんな事が。。。うちも行ってみました。
ラジオなどで

”ハナ モンタナ”や”アイカーリー”などに出演できるタレントになるためのオーデションをやっています!

などという宣伝をよく耳にしますが、これもオーデションというのは形だけで、やっぱり親の財布の中身を狙っているパターンが多いのですが。。。。


うちでも、ある日突然電話がかかってきて、”アメリカズネクストトップモデル”のタイラ バングスがスーパーモデルをしていた際に所属していたというモデル事務所から電話があり、タレント部門で娘をオーデションしたいと電話があったことがありました。

何がなんだか分からなかったのですが、とにかくチェックしてみようということで(アクティングクラスも始めたばかりで、オーデション経験がなかった娘に、カメラオーデションしてもらうのも練習になるくらいの気持ちです)、旦那に運転してもらって(この方、こういうときに役立ちます。)べバリーヒルズまで行きました。

もちろん素敵なビルディングでロケーションはまずOK.

中に入ると有名モデルなどのパネルが飾ってあり、いかにもインターナショナルなモデル事務所という感じ。

そして、オーデションの前の説明会会場に入ると。。。。

いかにも普通の(特に背が高いとか美形とかではなく。。。うちの子みたいな)6歳くらいから18歳くらいの子供たちと父兄で会場はいっぱいでした。

司会者による会社説明(コレデモカーと有名でメジャー!というのに力を入れていました)の後、昔のシットカムでテイーンエージャーをやっていたようなアクターが出てきて体験話。

私の全く知らない人でしたがアメリカ人には有名なのかも。。。だったのかも。。。今でもテレビの脇役などで俳優しているようなかた。

このイベントに行く道すがら、きっとハリウッドグループみたいな話しだろうから、お金の話が出たら帰ろうねと打ち合わせておいた私たち。。。。(単に予算がないのも理由です。。。

そしてカメラテスト。

個室に一人ずつ入ってカメラテストをします。

この時に、オーデションする人が

お母さんたちも、いっしょに部屋に入ってみてもいいですよ。。。といいました。

これはNGです!!!!

ちゃんとしたオーデションでは、子供は必ず一人で面接(自己紹介と台本読みなど)できなければいけません。


親も部屋に入っていいと聞いたとたん

こいつはプロではない。ちゃんとしたオーデションじゃない。。と思っていいというのが娘のアクテイングコーチがいつも言っている事でした。

結局娘だけ部屋に入ってカメラテスト。コールドリーディング(渡された台本を読むこと。ほんのワンシーン)もしたみたいでした。

その後、”パッケージ”と呼ばれるフォルダーをもらって帰宅した私たち。

その頃は演技クラスに行き始めたばかりでオーデションも受けたことのなかった娘にとっては、カメラの前で初対面の人に自己紹介して台本読みをするという事が、とてもいい経験だったようでした。

数日後、オーデションにパスしましたと連絡が来ましたが、もちろんオファーはお断りしました。

なんと、スクール+サポート料として$2000~$5000の料金を払うんだったと思います。。。。。

私の歯医者の受付の女性の娘さんはモデル志望で土曜日は一日ハリウッドで歩き方とかメイクアップのクラスを取っているということでしたが半年で5千ドルといっていました。

どんなクラスか知りませんが5千ドルも出す価値はないと私は思います。

今成功しているトップクラスの俳優たちは必ず、ボトム(最低)から始めて今の位置まで上り詰めています。
そんな人たちのアドバイスに必ずあるのが、余分なお金は使わないこと。。。というものです。

演技や声楽、ダンスなどのコーチには、リーズナブル(これがポイント)なレッスン料を払わなければいけませんが、エージェントの紹介などにはお金は使わないことということです。

やっぱり、ネバーギブアップの精神で地道にオーデションを受けて、仕事を取っていくのが本道なんですよね。

俳優というのは、確かに”運”に恵まれるというのも成功への大きなファクターですが、ほんの一握りのスーパースター(映画やテレビの主役)でなくても、スキルがあれば、6フィギュアーが稼げる仕事です。

やっぱり、うちの子には地道に努力してほしいですね。



ランキングに参加していますので応援していただけると励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

タレントやモデルスカウト???気をつけましょう
うちの子の場合、私が意図して子供を歌手やタレント志望にしたわけではないのですが、親が子供が生まれたときから芸能界に入れたいと思っている人は五万といます。

前回の記事のようないきさつで演技のクラスを取るようになってからクラスに来ているお母さんたちから話しを聞くようになって結構驚いた話。

ほとんどの人がハリウッドグループというところから紹介されて娘の行っていたクラスに来ていました。

子供の年齢は5歳くらいから18歳まで。

そのグループが何をしてくれるかと聞いたところによると、

お母さんたちへのオリエンテーションでハリウッドビジネスを始めるノウハウを教えてくれる。

演技、声楽、モデルになるためのトレーナーを紹介してくれる。(ディスカウントが少しある)

タレント事務所などのエージェントを招いた”ショーケース”といわれるイベントを開いてくれる。
普段エージェントさんに会う機会なんか普通の人にはないので、そこで子供の才能を披露してエージェントから声がかかるか試すわけです。

エキストラの仕事を紹介。(エキストラを1回、二回やると、もっとハリウッドで成功したくなりますから)

その他、いろいろなクラスを企画して、親のために情報などを提供してくれるようです。

。。。。とここまで聞くと、私にとってはたいしたことがないような感じなのですが。。。

なんと

皆さん$2000ドルとか$3000ドルも払ったそう。。。。
モールなどで、いきなり

”かわいいお子さんですね。。。子役になってみませんか?”

なんて声をかけられたことはうちの娘もありますが、親心をくすぐって、トレーニングがいるとかショーケースでエージェントが付くなどと言われてクレジットカードで皆さん支払いなさるんでしょうね。。。。

お母さん方の中にはエキストラの仕事(数時間で70ドル)でケビン ベーコンのでている番組のロケに行ったとかでエキサイトしていた人もいましたが、エキストラの仕事は専門エージェントに登録しておけば仕事は来るんです。

。。。なんて話しをしたら、息子の空手道場に来ている子の中にもハリウッドグループに2千ドル払ったという人がいました。

芸能活動はしていないので理由を聞くと、ハリウッドまで行ってクラスを取ったりする時間がないし、下の子が小さいからというのが理由でした。

こんな風にしてお金だけ払って損をしている人。。。たくさんいると思います。

でも、払うのが普通。。とみんな思っているようでした。(?)

もちろん、ハリウッドグループがきっかけでクラスなどを取り、子役をやっている子達もいますが、ここがくれるくらいのインフォメーションはアクティングクラスのインストラクターがセミナーなどをやってくれるので(有料ですが、うちの先生は25ドルのチャージでした。)大金をはたかずとも大丈夫です。

次回もハリウッド続きます!

ランキングに参加していますので応援していただけると励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

モデル?タレント?シリーズ。娘がハリウッドを目指すようになったきっかけ。
うちの娘のオーデションの模様を何度かブログでアップしたのですが、そのことでお問い合わせが来ました。

私の記事が検索で引っかかるなんて。。。結構うれしかったので、お問い合わせのあったオーデションに漕ぎ着けるまでのことを何度かに分けて書いてみたいと思います。

うちの場合、私や娘がハリウッドに行きたかったわけではありません。

たまたま義兄が知り合い(タレントエージェント)と話している時に自分の姪っ子に面白いのがいる(当時の娘はクラスメートの物まねとかして人を笑わせるのが好きでした。全く、吉本系です)ということで、うちの娘の写っているビデオを送ってほしいといわれたのが始まりです。

うちの娘はローカルの劇団で2本ほど舞台に出たことがありますが(せりふなんかほとんどなし。学校の劇に毛がはえたようなもの)、専門のトレーニングをしたことはありませんでした。

DVDを送ったら気に入られたようで、面接に来てくれといわれて、ハリウッドのオフィスまで出向きました。

こんな風にしてスターにみんななるのかしら・・・なんてちょっとドキドキだった私たち。

初めてのオーデションとなるわけですが全く素人だったので、何がおきるのか全く不明だった私たち親子。

待っている間に小さな紙に3行くらい書かれたコマーシャル用(オレオクッキーのでした)のせりふをちょっと練習して、さて本番となりました。

エージェントさんと別室でほんの3分か5分話して外に出てきた娘。

結果は後日報告します。。。で終わりです。。。

?????という感じでしたが、オーデションなんてこんな感じです。

タレント事務所なんて忙しいところで、チャット(世間話というか、なんとなく話す。。感じ)する暇なんてありません。待っている間も、いかにもモデルですみたいな人たちの出入りがあったりして、こんな綺麗な子たちでもヘッドショットを持って、地道に活動しているんだなーなんて感心していた私たちです。

数日後、

”お宅の娘さんはいいキャラクターなんですがまだ、本番オーデション(実際の仕事のです。)は無理なので、コーチをつけてください。うちで紹介するところに行ってみて、トレーニングしてみるのがいいと思います。”

ということで土曜日の午前中にハリウッドのアクティングクラスに行くようになった娘です。

やっぱり知り合いだから。。というだけでタレント事務所に入れてくれたりしないんですよね。

ちなみにこのタレント事務所はハリウッドで最も古い子供用のタレント事務所を始めたところです。
過去にもたくさん有名子役を出しています。

ボイストレーナーもつけてくださいといわれましたが。。。。未だにつけたことはありません。(単に、予算がないというのが理由。。。ちょうどこの不景気が始まった頃で、自営業みたいな私たちに多大の打撃があった頃でしたから。クラシカルを歌うわけでもないのでいいんじゃないかと。。。昔ちょっと大学でクラスをとったことのある私の独断です

当時まだ日系のお寺の日本語学校に通っていた娘ですが、そちらをやめてアクティングクラスに行きたいと言うので、いろいろ考えた末、やりたいことをやらせることに。。。。

お寺の学校にはほとんど日本語が話せないみたいな子もたくさんいて、ぺらぺらのうちの子は結構退屈していたみたいでやる気もあまりなかったし、土曜日の午前中、ブランチか買い物がしたい親のための学校になっていて、娘の日本語教育に役立っている感じがなかったのが大きな理由です。


こうして、うちの娘のハリウッドチャレンジ(私のチャレンジ?)が始まりました。

ランキングに参加していますので応援していただけると励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。