プロフィール

Author:Nobuko Ramirez





1992年より在米。オレンジカウンテイー在住。留学中に知り合った主人と結婚。18歳と
15才の子どもに恵まれる。

カリフォルニア不動産取扱士
カリフォルニア公証人

現在興味のあること:教育、不動産業、どうやっておいしいものを毎日食べるか。
エバーグリーンリアルテイー在籍。
不動産取引を通じて人と知り合うのが楽しみ。

ノータリーパブリック、LA,オレンジカウンティーの不動産についてのお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
nobukoramirez@yahoo.com



ランキングに参加しています。
こちらのロゴ、クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ


カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ


リンクフリーです。友達の輪を広げてくださーい!

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


イミュウと私の Small Town Talk

LA悪妻日記

マー君と家族のチャレンジ日記

ニュージーランドに暮らすということ

DREAM ON @LA

KEIKO'S WEDGWOOD    

介護は突然に…

アメリカ大移動、今はNorthwest

ど田舎に棲む

カリフォルニア、住めば都:子育て、アメリカ大学進学情報、不動産業日記。
カリフォルニア、オレンジカウンティーで不動産業、子育てしている私の不動産、アメリカ大学進学情報、と毎日の暮らし。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなに羨ましい?玉の輿
ウチでバーべキューをしたときの話。私の顔を見るなり

"日系の新聞に載っている人で、子連れなんだけど再婚した相手がニューポートで何代も続いた不動産会社の息子さんだって。。。読んだ?なんで同じ人間でもこんなに運が違うんだろう。ミリオナーと再婚する人もいればあたしなんか初婚でこれだもんね。。。玉の輿に乗るっていうやつよね。ラッキー。”

彼女は共働きで2人のかわいい子持ちです。

"今さらそんな子といったってしょうがないじゃない。かわいい子どもがいるくせに。。”
なんてみんなに言われていました。本当に不公平だと彼女のぼやき。

私からすれば彼女には日本に御両親がいて夏休みには子どもを預かって自宅の近くの小学校に入れて面倒もみてくれるし、会社でもキャリアを築いていて羨ましい方なんですが。。。

私は普段日系のスーパーなどにおいてある新聞や雑誌を見る機会はありません。
誰かからもらったときに読むくらいで、それでも年に数回くらいでしょうか。

何年か前ならとっても羨ましいナーという話になった思うんですが、そんな話と(ミリオナーと結婚する事)自分の生活があまりにもかけ離れてしまっていてなんとも思わないというのが現実。
メガミリオンなんて宝くじも当たらないだろうし(買ってないから当然ですが。買いに行く暇がない)

お金はあるに越した事はありませんが、死んでからは使えないわけで。。。なんていうと変な方向に話がそれていきますが。。。

ここ数年、私の回りで何人かの方が亡くなりました。私と同年輩の方、息子の学校のお友達、友人の御両親くらいの年配の方々などです。
人間って、心臓が止まるとねじ巻きが切れたおもちゃみたいにあっけなく呼吸が止まり、それっきりになるということを思い知りました。

今年の初めに目標のような事をブログにも書きましたが、自分らしさを大切にしていきたいというのが私のモットーです。私が平均寿命をまっとうするとしたら、今の私はちょうど人生の真ん中くらいの位置にいます。
今まで私の生きてきた過去を振り返ると、子供の頃は大人の都合でたらいまわし(お涙頂戴の韓ドラみたいな)、
社会に出てからは生活費を稼ぐために好きでもない会社員をして、アメリカに来てからは子供より手のかかる旦那に苦労させられ。。。。玉の輿などとは程遠い人生を歩いてきました。

ですから、今年からは自分のいやなことは避けて通る事にしました。
だからって他人に迷惑はかけませんよ。
好きな事をなるべくやろうということ。

私という人間が好きな事

映画を見ること。
ブログを書くこと。読むのも楽しみです。コメントなんかもらうと超うれしいです。
子供の将来のことについて学校などのリサーチをしたり娘をオーデションに連れて行ったりすること。
パンやケーキを焼いて学校帰りの子供を待つこと。
おいしいと思って食事を作ったり食べたりする事
スイミング
家族で過ごす時間
リーゾナブルな人と仕事をする事。
クライアントに喜んでもらう事

この中には高級ホテルでランチしたりとかショッピングなんていうのは入っていません。自分って安く出来ていると本当に思います。アメリカに来てからの貧乏生活に慣れすぎたからでしょうか。。。

仕事についても今まで同業者やお客様を含めていろいろな方々に会って来て、今さらながら自分は全くセールスには不向きだと実感しております。ですから、営業活動なんてものは今までもあまりやったことはないんですが、全くしないことにしました。それで仕事がなくなっても自業自得ですよね。リーゾナブルな人というのは相手の立場を尊重できるちゃんとした人、という意味です。不動産業なんてやっていると人のことはとにかく利用してやれとか自分にさえ利益が上がればいいと思っている人に出くわす事が多いので、そういう方々とは仕事はしたくないということです。このような方々から何度も使われた経験から学んだことですね。

過去にウチの旦那が急に会社を辞めて脱サラ、転業、おまけに二年以上もほとんど彼の収入なし、仕事復帰してうまく行くかと思いきやこの不景気でイマイチぱっとしないなんて経験をしているので何があっても驚きませんね。
どんな事があっても私が何とかするから旦那が甘えるといわれた事もあります。母ですから何とかせねばならないですよね。それでフレキシブルな不動産の仕事を始めたわけです。アメリカでのキャリアもなかったですし。

こんな経過の中で育つと子供はしっかりするもので息子は8年生から10年生までは学校のカフェテリアでランチタイムに働き、時給プラスランチはただ。11年生からは家庭教師で収入を得ています。
娘ももっとエンターテイメント系で働けたらと思っているみたいです。
お兄ちゃんは親からもらうおこずかいと自分の収入を貯めてノートブックパソコンを買ったり、お友達と出かけたりしますし、大学の学費もも自分で何とかするといっています。(言ってくれるだけでもありがたいと思っています)

毎日、子供と沢山話して、おいしいといってくれる物をつくり、好きな映画の事をブログに書ける。

こんな暮らしに感謝しながら毎日を送っています。
私、ラッキーですよね。

励みになりますのでクリックしてくださるととってもうれしいです。ありがとうございました!!!



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村










スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

猫顔、犬顔、アザラシ顔?
よく猫顔とか犬顔と言いますが、ウチの旦那は

アザラシ顔です。

大きな丸い目、お腹まわりの大きい体系、巨体のくせに泳ぎが抜群に上手いところ、
床に寝転んでただただ何もしたくなーーーいというのがいつも見え見えのところ。。。などなど

私は日頃から運動のためジムのプールで泳ぐ事にしています。
小さ頃から体育は超苦手。喘息持ちでしたし祖父母に育てられたので家族でスポーツなんて事はしませんでしたしお絵描きや本を読んだりする事の方が好きな子供でした。夢見る夢子ちゃんそのものでした。
50メートル走やスポーツテストなんかクラスで最低だったとおもいます。
ボールを使う競技なんか全くダメ。ドッジボールなんかではほとんど最後の一人に残るのですが、
最後に私にポーンとボールが当たってハイ終わりのパターンでした。ボールが怖くて真剣に逃げるので当たらないんですがボールを受ける事ができなかったんですねーーーお恥ずかしい子供時代です。

数年前、旦那がどうしてもジムの会員になるというので(どうせ3日坊主になるので無駄といったのですが)ファミリープランに私のメンバーシップもついて来ました。

長い間ジムのメンバーシップを持っていても行けずじまいのことが多かったのですが(ドライブ、エクササイズを入れて二時間くらいの時間が空かないんですよね)ここ数年子供が成長したのを機会に水泳の練習を始めました。
25メートルプールの半分ほどしか泳げなかった私でも今は500メートルは泳ぐようにしています。
モチロン、ターンなんて器用な事は出来ないので25メートル泳ぐたび顔を出して方向転換するんですが。。。ほとんどクロールで泳ぎますが最近は背泳ぎにも挑戦しています。もぐったり水中を(変な言い方ですが)。。。プールの水深の真ん中くらいの深さを泳ぐなんてことは出来ません。(解っていただけるでしょうか。。。)

泳ぐときは超真面目に泳いでいる(水ってやっぱり怖いんです)私ですが

ウチの旦那は

seal

いつもこんな顔して

泳いでいる私の下をくるくる回りながら泳いで行ったり、

鼻から空気を出しながら(ビー球がでてきているようでした。。)ピースサインをしたりして。。

私の方は笑わされて鼻から水は入るし、プールのそこに足がつかず”おぼれるーーー”とパニクッたり。

そんな旦那も今年はちょっとスリムダウンしたいそうで今年はちゃんとジムに通うぞーォォォと言っております。

先日も1.5マイル泳いだとか。。。すごい距離を泳いでいるんですが効果の方は。。。。。

ジョギングとか筋トレのほうがシェイプアップにはいいのでは?

でも休みの日には相変わらずこんな感じです。

seal sleep

           
励みになりますのでクリックしてくださるととってもうれしいです。ありがとうございました!!!



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村











テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

恋愛二日酔い
”恋愛二日酔い”と言うのは落合恵子さんの本の名前です。
確か18才頃に読んだ本で”お前こんな本読んでんのかぁ”なんて叔父に言われてちょっと恥ずかしかった思い出があります。あの頃は恋愛にあこがれていた頃です。

映画、テレビドラマ、特に歌などはほとんどがラブソングだと言う事はやっぱりそれだけ関心を引くからなんでしょうね。”トワイライト”だって国籍、年齢の差を越えてあんなに人気が出たのは禁断の恋的なテーマがうけたんでしょうね。私の知人は二人の子持ちですがこの本が彼女に昔のような感情を思い出させてくれるとうっとりしながら言いました。私に本を貸すからぜひ読んでくれとまで。うちの子供の友人のおばあちゃんまでがトワイライトファン。忘れ去られた感情を呼び起こしてくれるからなんでしょうね。娘時代に戻ったようだなんて。

恋愛なんて言葉には無縁の人となった今はその構図がよく見えてきます。
英語では恋に落ちる”FALL IN LOVE”といいますが実際は自分で自分をその状態に落としてるんですよね。この人が好きだと思うとその人の何から何までがよく見えて”アバタもえくぼ”状態。
ただの不器用を”そそっかしいけどかわいい”とか”私がいないとだめなんだら”とか。
ちょっとした偶然を”やっぱり運命的な出会いなんだ”なんて思ったり。
占いに凝っていた友達もいました。職場で誰と誰がなんていうのもみんな楽しんで話してましたね。
彼が出来ると女友達とは疎遠になり彼とべったり。自分は必要ととされている、愛されているんだと感じるんですが実際は自分でそう思っているだけのことが多いものです。相手にいろいろな事をしてあげるのが生きがいになったり。そしてある日突然自分が目覚めるか相手が目覚めるか。
急にすべてが色あせて見えて来たり。
この場合はLOVE=PASSION.恋とは情熱でしかないので自分一人で楽しめるもので時期が来ればさめてくるものです。恋に恋してる状態。一番楽しい時期なんですが。この時期に結婚したりしてPASSIONが本当のLOVE,愛情と思いやりに変わらないと何でこんな人と一緒になったんだろうなんて。でもこのパターンは本当に多いんですよね。

トワイライトは狼と吸血鬼みたいなゲテモノにしか好かれない女の子の話じゃないと娘に言うとそんな言い方はないよねなんて笑われている私ですが、私にも永遠の憧れの人はいるんです。
それは”傲慢と偏見”に出てくるミスター ダーシー。(わからない方のほうが多いと思いますが、英国文学で世界的に有名なジェーン オースチンの作)しかもBBCシリーズで作ったコリン ハース主演のミスター ダーシーに限ります。現実逃避したい時、私はこのDVDを見てストレス解消。イギリスの緑とハンサムなコリン ハースは 私にとって永遠の心の友です。

でも一番うらやましいのは長年連れ添ってもやっぱり仲のいいカップルかなー。

クリックお願いします!!!

a href="http://blog.us-lighthouse.com/in.php?uid=283">




女が離婚を考えるとき
ring


”先月、旦那に離婚してって言ったの”

女友達は運転しながらサングラスの奥に感情を隠すようにさらっと一言。
ランチしない?と半年ぶりにテキストがあったのが数日前。
気が利いてとてもがんばりやさんの働くお母さんです。
ランチを食べているときは笑ってとても楽しそうだったのに。
みんな心の痛みは見せないように生きているんだなと実感。

三行半と言いますが、女から離婚を言い出すケース多いですね。
浮気が原因と言うよりも長年の辛抱の末、もうしきれなくなってのケースが多いように思います。
生活をしていくと言うのは本当に大変な事で、特に子どもがいると物質的なことだけでなく精神的な支えとかコミュニケーションとかいったものがもっと必要になってきますが、そういったことが十分でないとすれ違いが出てくるんでしょか。母親になると女は母としてすごい速さで成長していきますから男は大きな子どものままなんてことがよくあるんですよね。
精神的なギャップがだんだんと埋まらなくなって来る中でも子育ては進行していくわけですから母親の負担が大きくなっていきます。おまけに仕事と家事の負担。共働きでも、帰宅後、男はテレビを見ながらビール、女はかばんを置いてすぐに夕飯の支度と洗い物。結婚生活は五部と五部とはいかないですが相手に対する思いやりというのも時が立つにつれて擦り切れてくるものなのでしょうか。

女は感情を外に出しますがたいていの男は黙ったまま。反応がないとよけいに腹が立ちと堂々巡りの繰り返し。
そういう時、男は何をいっていいかわからないんですね。
何か言うと話が変な方向に行っても長くなってもこまりますし。
何年もそんな状態だと女の方の我慢の糸も切れるんですよね。
たわいもないことが原因だったりもします。

相手から無視されている、この人にとって自分の存在、感情なんてなんでもないんだと身にしみた時、決心がつくんじゃないんでしょうか。女は、特に母は強いですから。強くならざるを得ませんから。

三行半を突きつけられてから家事を手伝い始めたりギャンブルをやめたりする御主人もいますが一度切れた心の糸をもう一度結ぶのは難しい事。

山あり谷ありの結婚生活といっても人それぞれに違った結びつきがありますからこのカップルにあてはまる事が別のカップルにはあてはまらないなんてことも多々あります。

うちの場合、旦那は子どもたちのオムツも替えたこともなければお風呂になんか入れたこともありません。家事もすべて私任せ。身内もいませんから子どもも預けた事はありません。まあ、ラテン系の文化ではそれが当たり前ですから。以前はもめることもありましたが年のせいでしょうか言い争いなんて最近はないですね。子どもから尊敬される父親、娘からお父さんみたいな人と結婚したいと思われる父親にならないと寂しい老後になるよと私に脅されているからかもしれません。

友人のお母さんの言葉。
彼女くらいの年になるとがん宣告などを受ける人が多くなるそうで、宣告を受けてから相手に対してみんなすごく優しくなると。余命いくらと解ってからそんなにやさしくなれるならどうして生きているうちにやさしくなれないのだと。とても仲のよかった旦那様を60歳でなくされた彼女は、いつ相手をなくすか解らないと思えば許せる事も多くなると言いました。生きているうちに大切にしてあげなさいと。私の友人は御両親がけんかしているのは全く記憶にないそうです。

夫婦、兄弟、友人関係など色々ありますがやっぱり相手に対する思いやりの心を持つ事が大切なんだと実感します。

でもやっぱり私は女のみかた。女性軍、がんばりましょう!

クリックお願いします!











テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。